ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

命を養うお酒とは

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


シニアーのワンコさん達の体調を考えると、ゆっくりできるところが

とても嬉しい。




C01V0559_201611011339529ee.jpg  




C01V0657_20161101133953ab6.jpg  




C01V0750.jpg 




違う空気でいろんな匂い

歩くの楽しいね。



それではまた今度

養命酒の試飲もあるよ。





| わんと旅 | 10:49 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

胸を貸してやる

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



ひとめ会ったその日から、恋の花咲くこともある


とかなんとか誰かが言っていたような(昭和の人ならわかるかも)



_K2W5183.jpg 
2013年の豆太郎さん(12歳の色男)



2011年夏、そういう感じで始まった。

二人は初めて会ったのに、大親友だったかのように

離れず。

ちょっかい出したり出されたり。

他にメンバーがいようと、御構い無しに二人の世界。

その一人がかけて、ハートブレイクな時間が過ぎて行く。




7R1A9332.jpg 2016年現在
左)一粒種のそら豆 右)フク




みーんな歳をとって、(人間も)おじーちゃん・おばーちゃんになりつつある年齢で

サクサク歩くこともなく ゆーっくりゆーっくり


大親友の一粒種


C01V9086.jpg 
左)そら豆さん もうすぐ13歳   右)フク兄さん もうすぐ15歳



フクの おしるし(おしっこともいう)跡に、必ず上書き(まーきんぐともいう)を欠かさない。

フクは横目でチラリと見ても、その上に上書きをしません。

大親友の息子に 俺を越えてゆけ とでも言っているのでしょうか


なーんて 格好良く書きましたが、

フクは一気に出す派 なので、そういうことなのでしょう。 笑




7R1A8943.jpg 
左)フク兄さんのお尻  右)どこでもごろ寝中のそら豆さん



旅は楽しかった メソメソしそうだったけど・・・・

みんな、グッと堪えたね。よく頑張った。

オヤヂ運転ありがとう。

また元気に会えますように。



C01V9130.jpg 
お局さんにご挨拶中の フク兄さん(黄色)



頑張ってきてくれてありがとう、お局さん。



それではまた今度
秋に、みんな元気に会いたいね
その頃はライ君の大好きな松ぼっくりを探そうね。
  




| わんと旅 | 14:45 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初七日に

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語




こんな時に旅行?! なんて!!! と、言われそうです・・・・

5月30日に、ライ君はちょっとお空にお散歩に出かけましたが、私達俗人が見えないだけで

フク兄さん達には、十分見えているはず。

だから当然一緒に お出かけしました。


初七日は、大好きな先輩達と。



nagano_2015_05-0005-1.jpg




触れなくて、なでなで出来なくて、ニオイをかげないけれど

ライ君の存在は、十分感じられます。

足下に 私の横に フクの横に オヤヂの膝に。




nagano_2015_05-0003.jpg






nagano_2015_05-0002.jpg






nagano_2015_05-0006-1.jpg





だから旅行は 楽しく そして、気持ちよく 沢山お散歩して、美味しいを満喫。

同行したお局様には気を使わせてしまったけれど、つきあってくれて感謝しています。

私達夫婦だけだったら、泣きながらお散歩していたかもしれない。




nagano_2015_05-0007.jpg



お散歩楽しかったね みんな。


それではまた今度






| わんと旅 | 19:02 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

俺と魚と魚とおまえ

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



黄金週間だけど、全く予定が無くて、混雑しているのが嫌いだし お仕事でいつ呼び出されるか分からないので

突然時間に余裕が出来たりしたら、なるべくお散歩に行くようにしています






C01V9391.jpg




C01V9375.jpg
トビウオだとおもう。


少し遠くに来てしまいました。

千葉県の一番南。



C01V9417.jpg





そして、海が大好きなこの男




C01V9668.jpg
大海原に、一吠え♪




C01V9483.jpg



楽しそうで良かった。

チビ助も、楽しそうだった。





7月は、海女さんのお祭りがあるらしい。

また行きたい かも。




C01V9590.jpg
チビ黒(ライ)よ、大志を抱け!




C01V9373.jpg 打ち上げられた魚のミイラ
マヂ綺麗なミイラだ


海辺って色んな魚が打ち上げられていたりして、ビックリするよぉ〜


本日もありがとうございました






| わんと旅 | 11:28 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

365歩のマーチ

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


注意: 小さい写真はクリックで拡大


先週金曜日から、二泊三日の合同合宿でした。

10月生まれ3男子(豆太郎・フク・オヤヂ) がいるのでなるべく10月に旅行。

一緒に旅をするのは、今年でかれこれ4回目。


10歳以上の お願い状 を渡しました。
お願い状= ’これからも元気に長生きしましょう’


_K2W4721.jpg豆太郎氏へ
_K2W4727.jpgそら豆氏へ
_K2W4735.jpg フク兄さんへ




_K2W4780.jpg
10歳以上の 赤い帽子(番チョー作)



(オヤヂの毛髪を除き)みんな劇的な変化無く、格好良く穏やかに年を重ねていることを確認。

そして、美味しい空気に美味しい食べ物


お散歩も沢山して・・・



と行きたいところですが、あいにくの雨模様。

毎回合宿の時は晴れているのに、今回に限り雨。

時折小雨になったり、光が差したりしたときに 思いっきりダッシュで外に出ます。

山なので、結構寒いんですが 気持の良い空気に出したいものは出したいんでしょう 笑



_K2W4986.jpg 水族館の中

_K2W5226.jpg _K2W5074.jpg

_K2W5183.jpg_K2W5172.jpg

_K2W5264.jpg_K2W5013.jpg
 


山の中の水族館では 屋根付きのドッグランがあるので、そこで少しストレス解消。

水族館のお魚さん達を見るよりも、ドッグランの滞在時間の方がずっと長かった 苦笑



山の天気は変わりやすいとはいうけれど、濃霧がどんどんひどくなって

全く見えなくなったかと思うと、急に霧が晴れたり。

慣れていない私たちはどのタイミングで山を下りたらいいのか悩みましたよ。

そんなハプニングも、今となっては良い思い出です。



_OS13829.jpg _K2W5503.jpg
八ヶ岳の自然公園



_K2W5368.jpg Epiでわんこピザ
_K2W5430.jpg _K2W5382.jpg
皆で堪能♪




今回の食事で一番は オーストラリア人シェフの料理

食べたもの全部絶品。

量も半端なく多くて、お値段はリーズナブルそして、お味は絶品!!!

シェフも優しそうな感じで、サーブしてくれる女性(多分奥様)も素敵っ

なんの文句もつけられませんよ〜

三食すべてあそこのご飯でも良いぐらいに美味しかった。



IMG_1346_20131023153943031.jpg 薄いポークカツみたいなの
IMG_1349.jpg ラザニア
IMG_1351.jpgポークスペアリブ3本



皆でとりわけて食べるから4品オーダーしたのだけど

シェフの奥様が、「一人一皿でも、多すぎるかも」

と言うものだから、じゃぁ食べてから考えますといいながら・・・・

ぺろりと3品完了

で、私たちの大食らいぶりに奥様驚きの4品目。 笑



IMG_1354.jpg

ソーセージ・マッシュポテト&グリーンピース オニオンソース添え


paul's kichen   http://tateshina-times.jp/?p=3505 (参考:たてしなの時間)


来年も暖かくなったら、またみんなに会いたい(し、あの料理も食べたい)

長野県蓼科に旅行をお考えなら、あのあそこの料理を食べた方がいいですよぉ〜。
嘘じゃないから、マヂうまいから。
回し者じゃないから。


そして超記念写真 笑
左から 豆太郎 そら豆 フク

_OS14005.jpg
歌 水前寺清子さんの365歩のマーチより





本日もありがとうございました




| わんと旅 | 16:21 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しのび

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



前記事の、可愛いガイドさん達に会う直前に、どうしてもやりたかった。



kunoiti.jpg




私はチビの頃から、忍者にあこがれていて・・・・・

女子だというのに、お弁当箱の絵は、「猿飛佐助」

実母きくちゃんは、何度も涙目になりながら、

「これは男子のだから・・・ アレだから・・・・」

とあきらめさせようとしたけど、全く無視して購入するぐらい。

あずみ(漫画本) とか大好きだし


で チャレンジ~!




しゅき#12441;ょう
回転をいかし、まっすぐに投げ・・・



おおーっと あこがれているだけあり、全手裏剣命中!

一方オヤヂは・・・ 半分は外れていました。



忍者屋敷もとっても楽しい。って言っていいのかな?

彼らは身の安全のために、知恵を絞ってこういう屋敷を構えたんだと、説明してくれたけど

ずっと今でも大事に残しているのは、ご苦労なことだろうなぁ と感心してしまいました。

異国の人も訪れる 面白いところです。

是非、お近くにおいでの際は、お寄りください。

すばらしい思い出になります。


忍術屋敷 http://www.kouka-ninjya.com/



ずいぶん前、異国で職業を聞かれて 「くのいち(女忍者)」 と答えた、大ぼら吹き番チョーです。

注意: わんこさんは屋敷内に入れません。
    が、一言いうときっと、涼しいところに待機させてくれると思います。



にんけん1 どちらもクリック拡大   にんけん2




本日もありがとうございました




| わんと旅 | 11:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

合同合宿

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

フク10歳のお誕生日のお祝いコメント いーっぱい♩ ありがとうございました。



10月12日は 白い貴公子フク兄さんのお誕生日
10月21日は オヤヂのお誕生日

10月はうちのお誕生日月なんですけど、大好きなお友達ワンコも10月のお誕生日それも3日違いです。

楽しい事は、たくさんでいっぺんにしたかったので、長野県下伊那まで遠征し、ちょこっと合宿をやってみました。




_K2W1161.jpg 
*朝の空気はピーンとして、しゃきっとするね。




ホットスポットに住んでいる私達は、毎日のお散歩はせいぜい15分程度、
とっても残念なお散歩なのです。
だから緑豊かな、ハイキングが出来そうな、空気のきれいな場所は高級リゾートよりも、高価な場所。
時期的に私達以外は野生動物と虫達しかいなくて、それでいて、きちんと隔離されているので、
車もなく、ゆーっくりと思う存分、豊かな自然を堪能しました。




_K2W0625.jpg 
*おいしい秋の味覚 リンゴをいっぱい堪能したね




テレビなどはなく自然に隔離され静かでBGMは虫と鳥。
そのせいか人間達は、しゃべりっぱなし。苦笑
その声をにあわせたようにワンコさん達は、高いびき
しゃべり疲れの、遊び疲れ 夜にはとっても心地いい睡眠でした。
(わんさかのカメムシ・でっかい蛾・でっかい蜘蛛・トカゲの訪問も忘れて 笑)




10sai.jpg 
*フク・豆太郎さん オヤヂ(お誕生日順) お誕生日おめでとう。





IMG_7423_convert_20111019201143.jpg
  
*何時間もかけて、ぺたんこした。




そして、主役のワンコさん達との記念として 消しゴムはんこ を手ぬぐいに押して、
その手ぬぐいを身につけ、記念撮影♩
団体行動が苦手な私も、気を使う事がなく、そして主人公のワンコさん達も仲良くて
一年で一番素敵な時間を過ごしたようです。





素敵な時間を与えてくれて、ありがとう みんな。合掌




_K2W1207.jpg 
*お達者犬の記念撮影♩ 左)豆太郎さん 右)フク





本日もありがとうございました

*** 続きは?? ***

| わんと旅 | 20:21 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぜんこうじ

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


牛に引かれて善光寺参り


という言葉が たしか、ありましたよね?

パグを引き連れてみました。笑



_DSC4222.jpg 
カートがあって良かった~。この日の長野市はとてつもなく暑かった。




善光寺さんには、裏とか表とか(お茶みたい)あるようです。

私は随分昔にきたことがあるけど、どっちだったか・・・・???





ワンコさん達には暑いので、カートを利用して 表参道を通り

夕方の閑散とする善光寺さんを お参りしてきたのでした~♪




_DSC4239.jpg
ちょー暑いから、門の下で番チョーを待つ フク・ライ。




なにをお願い?

そりゃー 世界平和 と格好いいことを書きたかったけど

病気のお友達ワンコが元気になりますように♪




_DSC4230.jpg 



マイキーちゃん おねーちゃんが元気になるようにお願いできたかな?





| わんと旅 | 11:33 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

問題解決なるか

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

旅日記 前回より続いています



その前に。


お隣さん: あー やっぱりお出かけでしたか。

オヤヂ: はい。一泊二日で。

お隣さん: ・・・・ あのですねぇ。



月曜日朝 お隣さんが少し言いずらそうに オヤヂに話しかけてきたのです。

何事かと思ったら、


お隣さん: あのぉ・・・・ 玄関の扉が開きっぱなしだったので、閉めました。


ひぃ~~~~~

まるっと24時間 玄関を開けっ放しだったので、ヘンだなぁと思ったお隣さんが、そっと閉めてくれていたそうです。

玄関の鍵かけ忘れたとか、家中の窓全開なんか 屁 とも思わないぐらい衝撃的な番チョーの歴史となりました。



ほーんと、なにも盗られなかったのが不思議なくらいです。

神様仏様ご先祖様 ありがとうございます。なむなむ




それで旅話の続き。

旅の始まりは、フクライのご飯一式忘れてしまうという 信じられない幕開けでしたが

反面、旅には嬉しいハプニング 「も」 つきものです。

お宿に到着前に、「ワンめし忘れました」 と、お宿のオーナーさんに言ったら

うちのでよかったら、差し上げますよ。

と、自分チのワンコさん達のおめしを少し分けてくれたのです

それも、てーんこ盛りの茹でた鶏肉と茹でたお野菜と一緒に。

もーの凄い てーんこ盛りで、フクライは嬉しさで目が落ちるかと思うぐらいまん丸でした。笑

一生涯のうち、こんなにてんこ盛りで食べたのは、生まれて初めてかもしれません。

写真はまるでナシですが、ほーんと大喜びでしたよ。

と、めでたく何よりも一番重要な!フクライのご飯問題は無事解決して、

めでたし♪ めでたし♪ 




DPP_pugppo0030.jpg DPP_pugppo0028.jpg
左 フク9歳    右 ライ3歳





と 終わるところが 安心したのもつかの間

私とフクは、その晩一睡も出来なかったのです。


てんこ盛りで食欲もりもりで、嬉しさのあまり その辺のゴミまで一緒に食べる

ぐらいの勢いで、食べた大事なご飯、それを早朝1時

フク兄さんは、一気に吐いてしまいました。

それからのフク兄さんは・・・・・

お腹ペコリンコで、一睡も出来ず 食べ物を探して、うろうろと一晩中徘徊したのでした。泣

ゴメンよ・・・食べ物全部忘れちゃって。


勿論、心配で私も一睡も出来ず。

そして、おろおろとする私の気持ちを知ってか知らずか(部屋の中で)漆黒の暗闇であっちの音がする方をを見たら

けたたましいイビキで、オヤヂとライが爆睡していました。泣


ああ・・・ コレも人生 そして、アレも人生。


フクには良くあることなんですが

どうやら暑さにくわえ 遊びすぎでヘトヘトすぎて ゲロリといってしまったようです

白い貴公子は、どこまでも繊細です。


もぉちっと旅日記かも。



DPP_pugppo0032.jpg 
ライバルかな? 親友かな?



本日もありがとうございました



被災地動物情報

仙台の動物管理センター

日本動物愛護協会


東北地震犬猫レスキュー.com
 

| わんと旅 | 08:20 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

開けっぴろげの人生

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


週末土曜日・日曜日と、一泊二日で長野県の八ヶ岳と、善光寺さんに行ってきました。

事前の天気予報では、『 雨 』 だったから、まだワンコさん達は、そんなに暑くなくて良いかなぁ~

なんて思ったら、信じられない梅雨明けで ヒーヒーの暑さでした。 



写真6 パグを引き連れ 善光寺参り




写真7w
爽やか原村





と、前置きはさておき


もー私の人生なんて、こんなモノよ~ なんて、自分で自分を呆れちゃいますね。

物忘れのひどさったら無いんです。

イチオウ、あれこれチェックをして持ち物確認もして、意気揚々と出発し

あと30分ほどで、お宿に到着と言うところで・・・・・



番: あ・・・・・

   フク飯、ライ飯、フードボウル

   オモチャ 


   ぜーんぶ 忘れた。



オヤヂが運転しながら、すっごい目で私のこと横目で見ましたから。

もー泣きそうでしたよ。

だって お宿の周辺では、ドッグフードを置いているようなお店らしいお店もないし・・・・

フクライにそのことが聞こえないように、コソコソと話したのに

すっかり聞き耳で、フク・ライの視線もどんよりでした。


フク・ライを車に乗せて~、フク・ライのカートも車に乗せて~ 

(重要なモノが何にも入っていない)保冷剤をつめたバッグを入れたら~

安心して、出発しちゃった。 おおー情けない。




そして日曜日、楽しかった旅を終え、疲れ切って自宅に戻ったら



番: お・・・ オ ヤヂ

   究極の上を行くモノを忘れてた


オヤヂ: もー 驚かねぇよ 何だよ。


番:  今 玄関に鍵差し込んだら

    玄関鍵かけてなかった。  ぼそぼそ




そして、家に入ったら・・・・・ ひぃいいぃいいぃい


家中の窓全開でした。ああぁぁ・・・・・情けない



(何にも盗られてなかったけど。)


私の人生なんて、こんな風に全て開けっぴろげなんですよ。


(ほーんと テレビが盗まれず、無事で良かった)




と、旅は波瀾万丈。

あと一回ぐらい旅日記。



| わんと旅 | 11:41 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT