FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

しりんじ(注射器)いろは

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

フクのお食事介助が始まってからの記録です。


三ヶ月ぐらい前
フクの両手足が動かなくなり、首から上しか動かなくなってから、お食事の介助が大変になりました。

私の五十肩が一番ピークの時でしたから、フクに触れることさえできず、すべての介助を あの面倒臭がりの オヤヂ に頼るしかない毎日で自分にプンプン丸でした。 ○| ̄|_

二ヶ月ぐらい前のフクの体重は6.9kgぐらい。寝たきりになり始めて(去年10月頃)すぐは、動かないのは下半身だけで、両手・首・頭はまだしっかりしていました その頃の体重は8.0kg。

食欲はあったので自力で食べていたのに、二週間毎の病院の診察では体重が測るたびに落ちていき、
高カロリーの食事を心がけたら、急に食べなくなりました。(イコールもっと体重が減る)

どうやら、高カロリーのことに気をとらわれ過ぎて、一番重要な 「味」 を無視していたようです。なぜ 味 なのか? というのは、また書く時がくると思うので、またの機会に。

食べないと、本末転倒

食べてくれることを第一に考えて、味にこだわると! ガッツガツ と、食欲が戻ったんですが、つかのま
今度は 口内炎。

この口内炎が厄介で、ここからフクの体重がどんどん下がって、現在(4.6kg)の状態です。

体が麻痺している上、首が一方に曲がっているため 寝返りが打てない。

無理に反対向きにすると、大変痛いようで 大騒ぎでした。

それでも、かわいそうだけど、最低1日10分は、反対向きにしていました。

それというのも、口内炎は枕が接触している口内奥 スカスカの歯のくせに 一番大きい歯が、そこにあたってしまい 吐血したのかと思うほど出血。

口をこじ開けてみると、親指の先端ほどの大きなくぼみが出来て、真っ白に化膿していました。あと少しで顔に穴があくほど

もう本当に自分にガッカリです、そんなになるまでわからなかったんです。
口臭がきついなぁ と思っていたら、食が細くなったと思ったら、こんなことです。
痛くて食べられるはずがありません。
自分をぶん殴りたくなりました。50肩が痛くてできませんでしたが

それから、シリンジを使用。 食事にではなく、口内洗浄にです。

これが、シリンジいろはの  「い」 です。

食事は、本人に食べる意欲も持って欲しいから、ギリギリまで自力で食べてもらうことに。
なのでシリンジでの食事は考えていませんでした。

口内洗浄にシリンジを使い始めて、口の中から沢山食べ物が出てきて驚きました。
パグさんの口ポケットには、リスも驚くはず。(*゚Q゚*)

口内洗浄にくわえ、食事をドロドロからもっとサラサラに近いドロドロにしたら、一気に口内炎が軽くなったようです。治癒はしていません。

一難去ってまた一難、また違う問題が・・・・

それではまた。 

*シリンジは食べられなくなるもっと前の段階で、病院から補助に高カロリーの食事と一緒に処方されていました。 フクには、ストローで練習と言っていました。笑

| 病気 | 13:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あっぱくはいにょう(圧迫排尿)

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

フクのおしっこが真っ赤になってから三日目。

圧迫排尿を手探り状態ではじめて、少しずつコツをつかんでます。

止血剤が効いているのか、血尿の色がほんの少し薄くなりました。

膀胱炎も併発しているので、おしっこしたいはずなのに、できなくて不憫な状態です。

本当は、泣きたいんだと思うけど、そんな体力もない状態。目 で、支持してきます。笑

少し首をもたげて、「俺しっこ」

目でぎょろぎょろして 「喉が渇いた」

舌をペロペロして  「なんか食べてみたい」

そんな感じだと思って、誠心誠意お勤めしてます。  (゚∀゚)

ところで、圧迫排尿  男子と女子では少し方法が違うそうです。

なので、男子であるオヤヂに 男子でないとわからないことだから、早く覚えてやってくれというと  「俺には無理」  と、絶対やろうとしません。

食事と抱っこ は、オヤヂ。  シモの世話は私。   そんな役割分担になってます。

今後も出血は止まることはないと思うので、歯茎や耳を判断材料(貧血だと真っ白になる)にして、食事をさせています。

出るものは、補う。  おかげさまで、食べたくないという支持は出されてません。 (* ´ ▽ ` *)

ガリガリの老犬の圧迫排尿は一般的な  お腹を揉んで刺激を与えて、排尿  というのは変わりませんが、骨と皮なので揉むところがありません。

なので、なるべく体全体をさすって下半身をさすって、少し足を引っ張って おへその辺りから、下に圧力をかけて押すと ちょろちょろと出始め、それを止めないように押し続けます。

手を止めると、おしっこも止まります。絶対に出始めたら手を止めない 要注意です。

動画を撮ってお見せできるといいですが、子犬ぐらい小さくしかもガリガリなので、手の中にスッポリとはまり込んで、全くなんの動画かわかりません。

なので、こんな稚拙な文章しか残せない自分にガッカリですが、今後読み返して参考にできるようにと残すことにします。


今はカテーテルのお世話にならないだけ、感謝しています。

それではまた。


   

| 病気 | 09:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いつまでもチビじゃない

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


先日いつも元気印のライ君が、明け方突然 歩行困難 になって、ゲロッと戻しました。

大慌てで病院に駆け込み、レントゲン・エコー・血液検査を実施


歩行が出来なかったし、呼吸が荒くぶるぶる震えていたので、キャリアーに入れたまま

病院に行き、ドクターに歩行の状態を見ていただきました。


およぉ?


普段通りのライ君に戻っていました。

血液検査も、レントゲンも、エコーも 内臓的には問題が見当たりませんでした。

悪い予感です・・・・・・

(脳天気オヤヂは、何故か安心してますけど)

ドクターは、想像したとおりの考えを言いました。


ドクター: 脳神経 の問題かもしれません。




月に何度も同じような状態が続くなら、MRIで調べた方が良いだろうと言うこと。

ライ君の状態を見ながら、そのまま、違う病院にも行ってセカンドオピニオンを聞きました。


てんかん症状


てんかんである可能性が高い そう言われました。

ライ君の性格は、すぐ興奮しやすいのであり得ると思ってはいましたが、目の前で発作が起きたのを見たのは初めて

本人も私も、かなりビックリしました。

パグ脳炎のことも心配したんですが、パグ脳炎ならば発作が出たら、一日のうちにどんどん状態が悪くなると言うことで

その可能性は低い。

だから、興奮させることなく 様子を見る。

一ヶ月のうちに2度以上発作があると、薬を飲み始めるようになるらしいです。

だから、私は怒鳴ることをかなりやめて、ライ君をだっこしたまま

おちついて

そう、彼にも私にも言い聞かせ、カレンダーに何もなかった日を×で埋めています。



いつも元気いっぱいで、病気なんて全く関係ないと思っていただけに

フクだけを見つめ続けていたことを反省しました。



IMG_0238.jpg




ライ君 いつも元気でありがとう。

毎日幸せ宣言!


本日もありがとうございました





| 病気 | 23:04 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

医者と患者(犬)

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



7日ほど前の早朝 

突然フクが一鳴きしたと思ったら、大雨の中 外に走り出て行き

びしょびしょになりながら、小一時間ほど外を徘徊しました。

トイレがしたいのに出来ない、どこが痛いのか分からない 何が起こったのか分からない


フクもびっくりしたようで、私たち夫婦もおろおろするばかり

フクが落ち着くまで、びしょびしょになりながら、(オヤヂが一緒に)外を歩いたのです。

家に戻って、寒さからか痛さからか、ぶるぶる震え 玄関から動こうとしません。

食事を玄関に持って行っても、食べるまでに時間がかかり 最後のお皿まで綺麗になめることをしない

今までのフクにはあるまじき行為でした。


かかりつけの病院へ朝一番に飛び込み、其れまでの行動を全部はなし・・・・

膀胱か? 尿道か?

尿、レントゲン、エコー、カテーテル 全部検査して

泌尿器系ではない。

体のどこかを触ると、きゃんと鳴く。どこかが痛い。


担当医も はっきりとは分からない という。

消炎剤を貰い 自宅に帰ってからのフクは・・・・・

痛くて痛くて24時間固まったまま 排便排尿をしませんでした。

消炎剤も、あまり効果がなかったみたいで痛みが体中を駆け抜けていたんだと思います。

私に訴えかけるような顔 血走った目 荒い呼吸。

二年前の 末梢性前庭疾患 を思い出させます。



こういう時には、すぐに先輩わんこオーナーに電話してしまいます。

こんな時ばかり、電話して本当に失礼なやつだと思いますが、こういう先輩がいてくれるだけで 心強いんです。

すみませんわがままで。


かかりつけの病院だけでなく、レオ先生のところにも電話して、これは緊急なのかどうかを判断して貰いました。


レオ先生: 痛みがひどいのはとても可愛そうですが、緊急を要するということはなさそうです。

      痛みが引いて、動かせるようになってから、一度診察させてくださいね。


深夜にも、レオ先生が心配して、電話してくれました。うるうる・・・・レオ先生ありがとう。


で 

現在は こんな感じ。





annsoku.jpg
フク兄さん・・・・ どこが痛いの?



(雨降りだから良いんですけど)外には出たくないようで、ずーっと寝てます。

いつもなら、私たちにくっついているのに、一人になりたいようです。






フクが元気にならないと、私も元気じゃないんだなぁ・・・・・・ 

ライ君はいつも元気いっぱいだけど。



raidesu.jpg
元気で何よりですよ~ 笑



本日もありがとうございました

どちら様も、楽しい連休を♪

| 病気 | 15:38 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不安になる時期

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


人にはそれぞれ周期というのがあると思うのです。

例えばバイオリズムのようなモノ。

私は、今ごろから6月いっぱいは、毎年ぐったりとすることが多いです。

そして、我が家の白い貴公子も、この時期です。


ああー イヤな時期が来たなぁ。

思い出す 去年の今ごろのこと。



去年の今ごろから、白い貴公子フク兄さんは (抹消性前庭疾患)大病 を煩いました。

その頃、もうそれはそれは、家族中で気分も体力もずたぼろでした。

そして今。





IMG_7045.jpg
写真ぼけてます




そう 右目に潰瘍が出来ました。

どうやらウィルス性のモノだそうで、薬で様子を見て変化がなかったら、

2週間ほど、目を閉じる処置をするようです。

それもコレも 去年の顔面麻痺の影響で、ドライアイになってしまったからなのです。

一年の間に右目の視力はかなり落ちているようで、見えないことや目やににはあまり反応がなく、

目を頻繁にかくようなこともないのですが

今年は特に 黄砂の影響 で、大変な結膜炎になってしまい、目やにで潰瘍が出来ていることがわかりませんでした。

目やにが落ち着いてきて、ビックリするほど大きな穴が眼球の真ん中に開いていて

大慌てで病院に行ったのです。

3種類の目薬で対応中ですが、酷くならないように願うばかりです。




IMG_7048.jpg 
カラーがお似合いよぉ~。




色男の目が何とも流し目をしているようで、ますます惚れそうです。苦笑

痛くも痒くもないのが、救いです。





本日もありがとうございました

ライ君が元気丸で本当に助かる。


IMG_7051.jpg 
コレもテブレテル 昨日は寒くて、ストーブ出した。

| 病気 | 18:07 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ざっとね

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


白い貴公子フク兄さん8歳 現在、顔面麻痺と下半身の軽い麻痺で奮闘中
詳しくは カテゴリー「病気」をご覧下さい


はじめて経験した MRI。 記録として残したいので、ざっと書きます。

病院に設備があるならば、そこでやるにこしたことはありませんが

なかなかその設備があるところはないのが現実。

人間の病院も同じですよね。




IMG_5545.jpg     IMG_5547.jpg
雨が降ったので、七夕は家の中。  笹の香りを堪能中のフク。

 

かかりつけの病院から、紹介をうけて専門機関に行きました。

病状の変化が激しいので、すぐに受け付けてくれるところは、専門機関。

キャミック というところに行きました。


MRIをうけると決めてまずしたことは、麻酔に耐えられるかどうかの血液検査です。

それと、胸部レントゲン。 (7月4日(日))

それを持って、(7月6日(火))キャミックへ行きます。



キャミックでの流れとしては 

カウンセリング → MRI(麻酔から覚醒まで全て)→ お支払い → 診断結果 全行程2時間半ぐらい



撮影前のカウンセリングも丁寧で、病状や変化などを逐一記録してくれます。

このとき、自分でも記録したモノを持ってくれば良かったなーと反省。

MRIをうけると言うだけで、パニックだったので 説明がボロボロでした。泣




 番: スミマセンちょっとパニックで・・・・

    不透明なところがあったら、質問してください 一生懸命思い出します




そう言ったら 具体的な質問をしてくれました。

さすがプロですね。


フクの麻酔覚醒時のパニックのことと、首におできがあること を、絶対に言わなきゃと思っていたので

そればっかりが頭いっぱいで 冷静じゃなかったなー。



IMG_5556.jpg いやん。見つめないで





そして2時間半後、覚醒したフクを連れてきてくれ、一緒に検査結果を聞きます。

不安でいっぱいの私達にも、とても丁寧に優しく接してくれました。


カウンセリングの時に、脳髄液を採取するかもしれないことを聞いていたので、首のイボの事を注意したんですが

覚醒して出てきたフクの頭には、刈られた後が無く


 あー 脳じゃない!!!!  大騒ぎして(心の中で)、それだけで小走りです(心の中です) 


ただ 脳髄液を採取した場合 それを持って、かかりつけの病院に持って行かなくてはいけません。

(なるべくフレッシュなモノが必要といわれるし・・・)

私達はそれを知らなかったので もし、そうなっていたら、大変だったと思います。

病院と、専門機関の交通の便も考慮に入れた方が良いですね。


そして、その当日 MRI撮影のデータと検査結果一覧などを かかりつけの病院へ持って行き

再度、診断し 治療方針の検討です。



フクにはとっても長い一日 そして、私達夫婦はフルマラソンを走ったぐらいの消耗でした。(走ったこと無いけど)

彼は、ほぼ24時間飲まず食わずで ウトウトと眠ったままで・・・・




IMG_5557.jpg うぬー 可愛い♪




キャミックで

  ドクター: あれ? 四肢の麻痺と病院で診断されていますが

         感じないほど凄く元気ですね~♪  笑顔


そう言われながら フクは自分で診察室に向かいました。 

前日から検査のことを説明していたからか、当日全て分かっているかのように

自分からすすんで病院へ入りました。賢い子だ。    回想






本日もありがとうございました


IMG_5572.jpg 
今朝のフク

記録と残しましたこれは、フクに限ったことで

MRIの推奨の意図のモノではありません

誤解のありませんように。

そして、

フクのMRIデータは今後の研究に役立ててもらうことにしました。

| 病気 | 11:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おはよぉ

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

白い貴公子フク兄さんは、顔面麻痺と下半身の軽い麻痺で奮闘中
詳しくは カテゴリー「病気」をご覧下さい。



朝8時半に家を出て 会社で応援を頂き それから、ミキちゃんチでおまじないをしてもらい

フクは頑張って MRI に望みました。


11時からカウンセリング 2時半にフクと対面の予定


フク・・・・・・ 



ohayo.jpg 
7月6日 午後2時半 のフク 

お は よぉ~♪




はー 良かった。

無事に戻った。

私の大事な大事な貴公子。



色んな方に、愚痴をこぼし、心配させ、そして応援までしていただきました。

とにかく、しっかりと戻ってくれました。

ありがとうございました。

とりあえず ご報告まで。


詳しい内容は、また今度。

疲れましたぁ お休みなさい・・・・・


IMG_5539.jpg 
7月6日 夜10時半のフク お疲れ様。


本日もありがとうございました

| 病気 | 22:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

元気に行ってきます

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


白い貴公子フク兄さん8歳 現在顔面麻痺と、軽いか半身麻痺で奮闘中

詳しくは、カテゴリー「病気」をご覧下さい。



本日11時過ぎから フクはMRIの検査を受けます。

私は、こういうイメージを頭に焼き付けて フクの目覚めを待ちます。




MRI当日 フクと私の大好きな、カリスマワンコリーダー(友人)のミキちゃんに会いに行きました。

フクに応援とパワーを送ってもらって、さっぱりとした目覚めを迎えるためには、

ミキちゃんのおまじないが必要です 笑

白雪姫と王子様みたいなね。

フクが嬉しくて興奮するといけないから、耳元でそっとささやいて ミキちゃんのおまじないを聞いてます。

そして、会社にも行き 皆さんから「頑張れ♪」をいっぱいもらい。

11時からカウンセリングを受け その後、MRIの検査を45分

覚醒もミキちゃんのおまじないでスムーズに、さっぱりとした目覚め♪


フク お は よぉー♪ 良かったぁー。

その後、フクは少しご飯を食べて かかりつけの病院で説明を受けます。

病名は 軽度脳梗塞。

薬で何とかなるでしょうと 言われる。


フクにはながーい一日です。

無事に全て終わって家に戻り、美味しいご飯ももりもり食べて、美味しいおやつも沢山食べて、

みんなで一緒におねんねです。




というイメージで・・・・そして きっとそうなるはず。






皆さんも フクのさっぱりした目覚めを イメージしてやってください。




IMG_5505.jpg 

本日もありがとうございました
絶対戻る!

IMG_5508.jpg

| 病気 | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

検査します

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

白い貴公子フク兄さん8歳は、ただいま顔面麻痺と軽い下半身麻痺で奮闘中
詳しくはカテゴリー「病気」をご覧下さい。


前庭疾患と診断されてはや1ヶ月。

めまぐるしく症状が変化して、どうやら 「脳」 にも何かありそうだと

MRIをうけることになりました。

7月6日(火曜日) 午前11時から



フクは、何度も手術を経験し、全身麻酔も何度も経験し 

その覚醒時には 信じられないほどのパニックになります。

普段おっとりしたフクとは別犬です。

覚醒時に、また脳にダメージが起こるのではないかと、マイナスなイメージばかりが先立ちます。

だけど・・・・


ドクター: 麻酔で眠っている間 楽しい夢を見ている子は、

       覚醒するときにあまり興奮しないようです。

       フクちゃんは、イヤな夢を見たのかな?




そう聞いたから、

検査当日までメソメソせずに 毎日笑って、そして 将来の楽しい話ばかりします!





で 将来のイメージをポジティブに考えたいので ここからは予定。笑



MRI当日 フクと私の大好きな、カリスマワンコリーダー(友人)のミキちゃんに会いに行きました。

フクに応援とパワーを送ってもらって、さっぱりとした目覚めを迎えるためには、

ミキちゃんのおまじないが必要です 笑

白雪姫と王子様みたいなね。

フクが嬉しくて興奮するといけないから、耳元でそっとささやいて ミキちゃんのおまじないを聞いてます。

そして、会社にも行き 皆さんから「頑張れ♪」をいっぱいもらい。

11時からカウンセリングを受け その後、MRIの検査を45分

覚醒もミキちゃんのおまじないでスムーズに、さっぱりとした目覚め♪


フク お は よぉー♪ 良かったぁー。

その後、フクは少しご飯を食べて かかりつけの病院で説明を受けます。

病名は 軽度脳梗塞。

薬で何とかなるでしょうと 言われる。


フクにはながーい一日です。

無事に全て終わって家に戻り、美味しいご飯ももりもり食べて、美味しいおやつも沢山食べて、

みんなで一緒におねんねです。




というイメージで・・・・そして 明日はそうなるはず。


IMG_5531.jpg 
ご飯直後でまったりな貴公子。

明日も、ここに戻ってくるからね。

本日もありがとうございました

皆さんもそのイメージで

明日は無事に終わると想像してくれたら嬉しいです。

| 病気 | 10:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冷静とパニックの間に

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


白い貴公子フク兄さん8歳  右顔面麻痺になって早一ヶ月。

現在 下半身にも麻痺が出てきました。


それでも元気にご飯を食い散らかし おやつも催促してくれます。

嬉しい限りです。

自力で一生懸命排泄。

 「 生 」 を実感しています。





アロマセラピストの友人が 一泊して、色んな香りをフクと私に調合してくれました。

(凄く御近所なのに、オヤヂが出張で不在なので、心配して一泊してくれました。 感謝感激です)



フクには 興奮させてはいけないので そういう香り。
 
(カモミールは舐めたいぐらい大好きなので、それがメインみたい)


面白いのが この香りはどう? と、ちょっと離して目の前に持って行くと

気に入った香りには、ぐんぐん近づいていき

気に入らない香りには、顔を突っ伏して 「いやだ」 を表現してくれます。笑



前夜 うろうろとして、よろよろとして、ばたんと倒れて・・・・ 

それを何度も繰り返して眠れなかったせいか 翌日は、やけに興奮した一日だったのですが、

アロマオイルを調合しはじめたら 5分が10分 10分が30分 

少しずつ 眠りにつく時間が長くなってきました。


でも いい加減なモノで、熟睡時間が長くなると それはそれで、不安なんです。苦笑

呼吸してるのかな? なんて、何度も聞き耳たてたり。



夜は、オヤヂがいなくても ゆっくりと眠ってくれたようです。

友人が来てくれて、私が安心していることもあるだろうし

アロマの効果もあるだろうし

眠くて仕方なかった究極もあるだろうし


そんなこと以外のモノかもしれないけど(病気が原因かも?)、発作が起きず ゆっくりとしてくれることが

みーんなのストレスを 一時的にでも緩和してくれたようです。




IMG_5515.jpg 
アロマオイルの香りを感じて ゆっくり眠ってます



パニック続きで ぐだぐだの私だけど、「 冷静でいなくては、観察しなくては 」と、

平常心でいられた そんな一日でした。


励ましてくれるメールに感謝

心配でお電話してくれて感謝

私達を支えてくれるみんなに感謝



本日もありがとうございました

ライ君は、幼稚園で元気元気♪

IMG_5516.jpg 
フク兄さん ・・・・・・

| 病気 | 10:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT