ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あつさにめっぽう

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


関東梅雨明けしました。

だけど、もっと前から梅雨明けしてるのかと思うくらい、雨が降らず深刻です。

お野菜達 大丈夫かなぁ〜。


もう、ずっと30度越えで夜も寝苦しくて、エアコンフル回転です。

もうすぐ16歳のフク兄さん、10歳ぐらいまでは、パグさんなのに

暑さに強くて、エアコンをあまり必要ない感じでした。

まったくハァハァゼェゼェしなくて、歩いたりすると、ほんの少し舌を出すくらい

ライ君も 真っ黒なくせに、真夏でも日にあたり光合成してました。

うちの子達は 暑さに強いなぁ〜 何て思っていたら、


最近は特に ハァハァゼェゼェ の毎日です。

ご飯を食べた後、排便前、湿気の多い日

特にこの3つは 呼吸がすごいことになります。

外気との温度差がありすぎると、外出時に体の負担が大きいと思っているので(人間も)

なるべく、27度から28度 を保って扇風機2台稼働




IMG_1519.jpg 



首の舌には保冷剤を巻きつけて、落ち着くまで待ちます。

老いからくるものだと思うけど、呼吸器が大分弱ってます。

それでも頑張って、自分でトイレ! 


格好いいです フク兄さん☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



IMG_1517.jpg 



それではまた今度

動くフク兄さん こちらでどうぞ。https://www.instagram.com/fukuraifilm/






| 老犬介護 | 14:25 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きれいに食べたいけれど

 これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



お食事の話



IMG_1479.jpg 少しツラそう



フク兄さん もうすぐ16歳

大きな声では言えませんが、歯抜けジジーです (。-_-。)


下の歯は、たったの 2本。

上の歯は、かろうじて 6本ぐらい。



もともと噛み合わせの悪いスカスカの歯でしたから、口ポケットの中で

いろんな食べかすが発酵して いい具合に虫歯菌のお食事になっていたのでしょう。

歯磨きを頑張っていたんですが、限界が・・・・



ボロボロで、歯石だらけで グラグラで抜けるし



歯が無いから、舌がデローンと出っ放し。

そして、食後のおよだ(よだれ)がチョットした洪水。

前提疾患になってから、右にしか舌が動かなくなって

思い通りに食事ができず、食べる量より散らかす量のほうが多いようで

最後は人間の手ですくって食べさせています。


食事内容は、変わらず ただ最近は、具たっぷりスープを

ミキサーでドロドロにして、ポタージュのようにして出しています。

だから、ものすごく消化が良くて、スグにペコリンコ状態です。 笑




歯がなくても、食欲があって 食べる姿もエネルギー満タン。

まだまだ大丈夫 ォ━━(#゚Д゚#)━━!!





それではまた今度

動くフク兄さんは、インスタグラムで  https://www.instagram.com/fukuraifilm/







| 老犬介護 | 15:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きょうもありがとう

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


九州福岡県そして私の故郷大分県で、大雨により

災害被害にあわれた方、心よりお見舞い申し上げます。

1日も早く元の生活が送れますよう、お祈りいたします。



パグさんは特に、夏に弱くましてや老犬なので、毎日心配です。

それでも外に行きたい時は、自分でアピールしてくれるので

それだけで、嬉しい 


毎朝、朝目覚めて頑張ってトイレに行き、自分で排泄してくれて

ご飯を食べてくれて

それもまた嬉しい。

毎朝 目をぱっちり開けてくれるだけで ありがとう。


今日は特に、ありがとう。



IMG_1445.jpg 





昨晩かなり呼吸が辛くて、このままお空に行ってしまうかと思いました。

こういう毎日が、老犬と生活するって事なんだなー って。




それではまた今度

寝たきりにならないように、お勉強も欠かさずやってますよ。

動くフク兄さんは、こちらでどうぞ www.instagram.com/fukuraifilm/
 

| 老犬介護 | 14:47 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

老犬介護

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


IMG_1432.jpg 



10月で16歳になる 白い貴公子フク兄さん

もうすっかり老犬なのに、お元気に歩いてくれるので

この子はずっとこのままかも・・・・ と淡い期待をもっていました

でも、現実はそういうことにはなりません。


それで 老犬介護 をカテゴリーに加えました。


6月ごろから暑い日には 呼吸がかなり辛そうで、ドキドキする時があります。

5年前の、10歳を過ぎた頃から腰は丸くなって、

今年に入ってからは後ろ足がよく動かなくなり なかなか立ち上がれず

排便時も踏ん張りが利かず、ひっくり返ってしまうこともあります。

そのせいもあって、気持ちのいい排便ができず苦しそうな時もあります。

寝返りも、補助しないと出来ず もどかしいようです。

まだ頭がはっきりしているから、イライラするんじゃないかと思います。

でも、パグさんの性格上 気にしていないような・・・・ 笑

時々足がもつれて コロン とひっくり返ってしまうこともあったり、

腰が抜けたように座り込んでしまうこともあります。

その時のフク兄さんの顔・・・・かなり凹んでます。

そンな時は特に、私はニッコリ笑い

  「 フクはすごいね〜 かっこいいね〜 上手に歩くし トイレも上手だよ〜 」


と言って、褒めています。

耳が聞こえてなくても、いい言葉は いい感情(?)のような気がするので。



目が見えにくく 耳も聞こえなくなってから、(お空の)ライ君が耳代わりでしたが

今は不安なようで、私から離れようとしません。

そばにいない時は私がいそうな場所 キッチン トイレ 風呂場 庭 玄関

を見て回ります。

私が歯を磨いている時などは、足元にくっついて離れません。(かわいい・・・(´∀`*;)ゞ


あとは食事の事 これは次の記事で

それではまた今度


老犬介護をしていた方 されている方の経験などを参考にさせていただきます。
ご意見などありましたら、お聞かせください。




| 老犬介護 | 16:51 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |