FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

フクのオヤヂとオイラ

これは、パグ犬フクもうすぐ6歳にまつわる全てのことのお話です。


謝) 本日文字だらけ。 


 


最近、フク&フクのオヤヂ 二人でなにやらコソコソしています。ちょっとワタクシ不満です。


不満です。bu-


b2


愛犬フクは会社に出社が多くなりました。
会社は、愛犬フクの大好きな土手から歩いてほんの5分ほどです。


夕方5時半を過ぎると、土手は閉門されます。だから、車が入れなくなるため、グラウンドには 
でっかいワンコ連れのお散歩 がほとんどです。
そのほかは、土手の舗装されたところを歩く人ばかり。


その頃を狙って、フクのオヤヂがフクとコソコソ散歩をはじめました。


 


オヤヂ : 最近フクは、オイラのことを好きになったような気がするぞ。
       呼んだら戻ってくるんだ


番 : ふーん 良かったねぇ ちっ 心の声。


 


あんまりコソコソするし、嬉しそうな顔のフクのオヤヂがむかつくので、尾行同行しました。


 おおー 綺麗だ。


夕焼けと 月。


誰もいない場所で、愛犬フク5歳まだまだヤングもうすぐ6歳と、本当のオヤヂが走り回っています。
スーツなのに・・・・


それを横目に、私はベンチに寝っ転がり、ずっと空を眺めていました。


 


ああー 幸せ。


 


あまりにも幸せだったので、写真は一枚もありません。近くで走るから うほっ 砂埃が。


本日も最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました
キンモクセイがとても素敵な香りで楽しませてくれている秋です



 


・おまけ・ 稲毛でフクお疲れの一枚


b3


 


*** 続きは?? ***

| フクのオヤヂ | 10:17 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月