FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

あうのかどうか?

これは、主人公パグ犬フク(マダマダ6歳)と、それにまつわる人間のお話です。


謝) 本日とっても長くて、面白くありません。


この世の中には、全く科学では証明不可能なことも沢山ありますが、とっても身近で簡単なものに ダウンジング と言うものがあります。


実際に、棒を二本持って歩いている人を見たことがあります。


どうなんですかね? これはお仕事として存在する以上、信憑性があるんでしょうねぇ??

ほかには、Oリング と言うものもあります。
私の友人は、アロマセラピストで、私の施術をするときに良くこれをします。
友人を信用しているから、そのまま施術を受けますが、Oリングを信じきっているわけではありません。


前置きはさておき、


愛犬フクは、3月に肥満細胞腫の手術を受け、その直後から、なんとなく吐く回数が増えました。
肥満細胞腫にかかると、胃の粘膜が弱くなりやすいらしいし、パグは朝方に吐き易いと病院でも言われるので、あまり気にしていませんでした。
でも、週に2~3回も吐くので、気にするなと言われても、やっぱり気になります。
前回のお泊りの術後7ヶ月検診でも、泊まった初日にやっぱり嘔吐。
そんなことも踏まえ、担当医のレオ先生に、じっくり調べてもらいましたが、やっぱり異常なし。
一応、吐き気止めと胃薬を処方されました。


それでもやっぱり、3日に1度吐き気があるようなので、余りにも可愛そうだと思う気持ちから、
前置きの Oリングのようなもの で、食べているフードを検査してもらいました。
2種類のフードをフクにくっつけて、どちらのフードがフクにあうのか?

そして、主になるお肉を検査してもらうと アヒル>羊>鳥>豚 の順番でよいと言うこと
牛は合わないようです とのこと
体の冷えを引き起こさない、生姜にんにくの使用がいい なども言われました。


この検査結果を見て、科学では分からないことを指摘されたことにびっくり。
そう、2種類のフードと書きましたが、1種類は愛犬フクに4日前から与えているもので、がメイン
他が、術後ずっと与えていた牛と羊がメインのフードでした。
牛が愛犬フクには悪かったようなんです。だって、鳥のほうは全く吐いていませんでしたから。


ちなみに、勿論 フードの内容物は一番最後にお伝えしました。
先入観で、検査されても困りますからね。


ううーん。信じられないけど、信じてみよう かなぁ。フクが健康になるんだったら。


1104-g


それは、どんぐりだ 食べるんじゃないぞ。


 


本日も最後までお付き合い、ご苦労様でした 


・おまけ・ イカレ番チョー、八ヶ岳でもイカレップリを発揮の巻き 11月5日


1104-3 1104-2 ← clickで拡大

つき合わせてすまん フク。

| フク | 07:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月