ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

きっと私だけ のはず

これは、主人公パグ犬フク(まだまだ6歳)と、それにまつわる人間のお話です。

が、

あまりにも精神的にお疲れさんなので、劇的な思い出話をひとつ

 

まだまだ愛犬フクと一緒に生活する前、かれこれ10年チョッと前 屋久島に一人旅に出かけました。
ワタクシ、放浪癖がありまして・・・・・

友人と途中で合流することになっていますが、別々の日程なので、一緒にいるのは二日程度。

私は1週間ほどの滞在。

予定としては、

海がめの産卵を見学

マングローブの間を川下り

トレッキング

などを計画しておりました。

ワタクシ中年ですが、中年になる前から 夜はぐっすり寝るもの 朝はしっかり起きるもの という生活していますので、残念なことに・・・・・

海亀の産卵を見られませんでした グースカピー

地球温暖化で、生き物が生息できなくなる前に、是非ともリベンジに伺います。

ぐーすか

川下りは、一人用のカヌーで難しいオールでこぐんです。
乗る前にはレクチャーがありますが、ワタクシ運動神経には自身があるので
カーンタン だと思っておりました。

そして、実際ユラユラしながら そーっと乗り込んで、皆と一緒にこぎ始めたら

なんと!!

グルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグルグル

その場で、ただひたすらグルグル回って真っ直ぐ進まない方続出。
そして、私もその一人です。

難しいオールは、そうなるんです。力任せに漕ぐと、そうなるから、左右の力のバランスをとって漕ぐようにずっとレクチャーされて ようやく少しずつ真っ直ぐに川を上流に向かって漕ぎました。

時間をたっぷりかけて上流へ到着、その後食事をとり休憩。

川の中にどっぷり浸かって泳ぐ者あり、カヌーの沈で起き上がる練習する者あり さまざま休憩時間を堪能中、私に自然からの呼びかけがありました。(トイレということ)

上流には側に林というか森というか、ブッシュというか・・・ とにかく人から見えない場所があるので、用を足しに一人向かい、無事ホッと、静かに用を足していると

何かしら、視線を感じます。人っ子いないはずなのに、私はあらわな格好のまま後ろを見たり横を見たり、360度頭を回転させて

 

およっ!

 

 

ドキドキドキドキ

 

 

お猿さん。こんにちは。

 

屋久猿でした。木の間に、目の前に本当に目の前に、お見合いしてしまいました。

私はどう動いていいのか分からず、あらわな格好のまま、腰を落とした格好のまま
後ろにそのまま真っ直ぐに目をそらさず。

お猿さんのほうがどこかに行ってくれました。よかったぁ・・・・怖かったぁ・・・・

と、こんな経験をしたのは、きっと自分ひとりだろうなぁ なんてお話でした。

全て事実です。

長々と書きました。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

すすめない

| ワンコ以外 | 11:45 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の若大将

これは、主人公パグ犬フク(まだまだ6歳)と、それにまつわる人間のお話です。

 

ぐうたんと生活し始めて、1週間が過ぎました。家族全員が疲れのピークに達しています。

フクのオヤヂは、ユン○ルのんで仕事しています。

私は、フクの心配と自分の不甲斐なさで精神的に参って眠れていません。
このままじゃ私が一番最初に倒れるな。

でも、これが一番最悪なことで、これから段々良くなっていくんじゃないかと思っています。楽観的かも

唯一つ、フクには可哀想なことをしているなと感じています。

一生懸命、フクには話してみてはいますが、なんせ相手はワンコ。

理解してくれているかどうか・・・・ 全く分かりませんからね。

 

ぼよよん

番: フク あのな、ぐうたんがな・・・・ おいっ。聞いているのか?

 

ねみぃ

番: それでな、ぐうたんがな・・・・

 

あまえんぼ

番: おいっ。話を聞いているのか?

 

ごめんよ。

 

 

フク・・・・・ イビキがうるさいぞ。

本日も最後まで、ありがとうございました
コメントのお返しが、とっても遅くなる可能性があります

| フク | 15:13 | comments:21 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

正直な話

 

コメントを頂いた皆様に

前回の記事、里親に付きまして、真摯な態度でコメントをしていただきまして、ありがとうございました。

お一人お一人にコメントをお返しするのが当然ですが、長くなりますので、

こちらに書かせていただく失礼をお許しください。

 

せいしんつかれ

 

実は私自身、一日でも里親をするということは 絶対に一生面倒を見る と、信じきっていました。

そして、7歳の女の子の飼育放棄のパグちゃんの里親のお話は、私の話です。

前回、皆様をだまし討ちするような書き方をして、すみませんでした。
これを読んで、とても不愉快になる方もいらっしゃると思いますが、言い訳をさせてください。

それだけ精神的に、切羽詰っているということなんです。

現在、トライアル1週間目です。
ただの1週間ぐらい、と思われるでしょうが、何もかも初めての経験で、不安と絶望と罪悪感が全部一気に頭を占めてしまって、何をどうするべきなのか、判断もままならないような状態なんです。

皆様のコメントを拝読していると、トライアルに関してとても寛大なご意見をお持ちなので、自分としては驚いた反面、ピンと張った何かが少し緩んだような気がしました。

里親に関しては、賛否両論色々あるはずです、それはペットオーナーとしてペットをどう飼っていくか、どう一生付き合っていくかの考え方が違うのと同じだと思っています。

私が悩んでいることの一つに、元来動物嫌いである 
その一方 フクのオヤヂは、とても動物好き。

そして、フクのオヤヂは常々 

フクに貰った幸せを 今度は自分が、他のワンコにお返ししなくてはいけない

私はその言葉をとても重く受け止めています。

私の悩みは一生どうにかなるものか分かりませんが、愛犬フクを介して、動物と触れ合うことは出来るようになりました。
愛犬フクと同等レベルの性格やしつけの子だったら大丈夫だろう、というのが正直な話です。

私が受け入れられるならば、

そして、フクが受け入れてくれるなら

トライアルに失敗したらどうしよう・・・・ 

そういう経緯から、皆様のお力を拝借できればと思い、このような失礼な行動をとりました。
すみません。

本当に本当に、貴重なご意見ありがとうございました。
特に、ご自身の体験を踏まえてコメントを下さった方のご意見は、とても参考になりました。

今回 私自身の説明にもかかわらず、自分でも何をどう書いていいのか分からず、とても滅茶苦茶な文章になってしまい本意が伝えられたかどうか分かりません。

稚拙な文章にもかかわらず、最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。
これを皆様へのコメントのお返事とさせていただきます。

それから、都合がいいようですが、これからも今まで通り、アドバイスなどをいただけると、とても嬉しく思います。

 

最後に

里親の体験記 ぐうたん戦う毎日 (HNはルーキーです)をこちらの別ブログとして、一ヶ月限定ブログで立ち上げました。
切羽詰った私の精神状態があらわになって、とても見苦しくなっていますが、

これから里親をしよう、経験してみたい などと思われている方のお役に立つかもしれません。
そうなると嬉しく思います。

ぐうたんねむい

| まじめなこと | 21:27 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人になると気づく

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる人間のお話です。

本日とっても真面目なお話です

3409

愛犬フクは十分大人(6歳)です。あえて、人間の年齢にはたとえません

2ヵ月半で家の仔になり、5ヶ月の頃から会社に毎日出勤し、5歳時に大病(肥満細胞腫)をわずらうまで、ほぼ毎日同じ日々でした。
現在のフクは、一週間に一度の出社程度。

それでも、会社の従業員さん、いらっしゃるお客様は、愛犬フクの出社を喜んでくれたり、待っていてくれたりします。

それは、愛犬フクがお行儀のいい、クールなパグだから だと、自負しています。
全ては皆様の教育のおかげ。ご協力のおかげです。

 

最近、年齢の割りに、興奮するパグちゃんに会いました。
その興奮パグちゃんは、7歳の女の子。飼い主さんの飼育放棄したワンコです。
どんな原因で飼育放棄したのかなんて聞きませんでしたが、それはそれは興奮が凄い。
そして、よく吠える。

そういう子引き取って、里親として一緒に生活する人は、どんなお人柄なのかと、とても気になります。

愛犬フクが、全くま逆な性格だから、余計にビックリしてしまいました。

たまたま 愛犬フクがいい子だったのかもしれません。
訓練が教育が、上手に出来たのかもしれません。
皆さんの協力と愛情が、とっても充実していたのかもしれません。

今更ながらに、愛犬フクの偉大さを思い知った 出会いでした。

 

それで質問です 里親経験ありますか?

された方、葛藤などはございませんでしたか?

  たとえば、先住犬がいて、折り合いが付かない もしくは、自分自身と性格が合わない。

里親のトライアルというのがあるんですが、それをしたら、一生その子を迎え入れるべきだと思いますか?

チビの子を躾けるのではないので、トライアルをして、無理なこともあります
保護している所にお返しする条件があります

 

とても興味があるので、ご意見などを伺えたら、とても嬉しいです。

・追記・

トライアル期間は1ヶ月間。その後本契約。
しかしながら本契約後でもどうしても無理ならば、即保護管理者に連絡すること

とあります。

本日も最後までお付き合いありがとうございました

| まじめなこと | 09:41 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野生の証明

これは、主人公パグ犬フク(まだまだ6歳)と、それにまつわる人間のお話です。

愛犬フクは、ご存知の通りワンコです。

クールな平和主義者ではありますが、野性味あふれるワイルドな瞬間もあります。

たとえば、レバーを茹でているニオイに触発されたり

たとえば、チキンをじっくりと茹でているニオイに触発されたり

たとえば、焼き芋をじっくりとオーブンで焼いているニオイに触発されたり

 

お食事風景

ばにく ばにく2

 

おかゆ おかゆ2

 

デザート行きまぁ~す。

しょくご

 

美味しいものを誰にも渡すものかと、ライバル達をけ散らしている所なんかを見たら。

一瞬ですが、野生の血が騒ぐのかな なんて、ワイルドな部分を見て、

かっこいいぃー♪ と、一人ニヤニヤ。

そんなときは、フクの興奮がマックスなのに、わざわざフクの胸毛にすりすりします。
ああ、男らしい・・・・

 

 ぼふぇー
こんなにだらしなくても、やる時はやる男。きゃぁー カッコイイ(*^。^*)

 

<番チョーの美容院>

少し前ですが、美容院で

  番: ソフトなワイルド系でよろしく!

と、抽象的な注文をして、出来上がりましたと、鏡を手渡されました。(後ろを見るため)
その時、美容師さんが

  美容師: どうですか?もう少しワイルドにしますか?

というものだから

  番: これ以上ワイルドにすると、野生に戻らないといけなくなる

 

その美容師さん どう答えたらいいのか戸惑っていました。
おかしかったら笑えばいいのに・・・・ (-_-;)

希望としては、ただ 一言

そんなぁー 野生だなんてぇー まだまだ上品デスヨ。

って、言って欲しかった。

本日も最後まで、ありがとうございました
野生=ワイルド

| フク | 10:56 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あら雪だわ

これは、主人公パグ犬フク(まだまだ6歳)と、それにまつわる人間のお話です。

 

愛犬フクは、泳ぎは得意ですが、冷たい水が嫌いです。

だから、寒いところも大嫌い。

  番: あー 雪が降ってるー。まだ積もってないから、フクお散歩に行ってみようか(*^。^*)

お散歩という言葉に一応反応するので、お洋服を着て準備。

玄関を開け、外に出たとたん くるっときびすを返し 玄関に入っていきました。

思ったとおり。

よろしく

 

ぼよよn 

その後・・・・・

なぁなぁ 

そこは熱くないか?

 

ちかくないか 

頭が燃えそうだぞ?

 

おなかも 

 

本日も最後までありがとうございました
関東近郊本日雪ですね、足元に注意してください♪
ツルッと行かないように

ストーブきょりかんとの距離

・チョッと追記・

前回の毛糸の覆面(実母キクチャンモデル)は、私自身のもので、私の顔のサイズです。
だから、キクチャンには少し小さいようです。
どのくらい寒いかというと、部屋の中で息が白いくらいです。
布団から出た顔が、凍ってしまいそうなくらいです。

かぶって寝たら、毛糸がちくちくして、眠れませんでした(-_-;)

ふくめん ちくちく

| フク | 10:36 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人の家のワンコに

これは、主人公パグ犬フク(まだまだ6歳)と、それにまつわる人間のお話です。

 

あんしんいちばん

古い話ですが、去年も暮れ、実家で父と一緒にお散歩をしているときの出来事です。

まずは、写真をご覧ください。

 

かくしどり

 

これは、悟られないように、歩きながら隠し撮りの状態です。

歩くそば、お話の内容が聞こえてきました。

  男: お宅の犬は、赤いな。

     それは、食ったら美味いんで。

     最高に美味いんや! いいなぁ。

 

  女: お前はよかったな うちの子で。

 

その女性に座布団を100枚と、感謝の言葉を言いたかったぐらいです。

お話している男性も、自分のワンコをお散歩中だというのに、そのお話はどういうデリカシーで
相手の飼い主さんに話しているんだろうか???

もう、腹の中が煮えくり返りそうで、怒りを抑えながら 隠し撮りしました。

家に帰ってから、大声で母にことのしだいを話しました。
母も私の怒り方が尋常じゃないので、おろおろしていましたがね。ごめんよ。

寝るときに必要
実家は極寒の地 九州は大分県♪ マヂ寒いんです。

 

ああー もうこんな風にプリプリ怒らないでいられるような、心温まるいいお話はないのかしら??

いいお話だわ というので優しい気持ちになりたい(-_-;)

 

本日も最後まで ありがとうございました
いいお話探し中♪

| フク | 15:31 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寒くても

これは、主人公パグ犬フク(まだまだ6歳)と、それにまつわる人間のお話です。

愛犬フクの調子が悪いと言っても、お散歩を全くしないわけには行きません。
フクの調子を見ながら、お散歩に出かけました。

近くの墓地公園

 まぶしい

ざぶずびる”-(寒すぎる)

この日の早朝から、雪が降り 朝は積もっていましたから、ぬかるんでもいます。

さぶい。

 

ところで、この日はあまりの寒さで、人っ子一人いなかったため、少しリードを離しました。

、途端!! カラスがどこからとなく ビューっ と飛んできて、あと5センチで、フクに激突でした。
あれは、狙っていましたね。

凄い低空飛行で びゅぅー と来て これ見よがしに、避けました。

恥ずかしながら、とっさに 「危ない!」 なんて叫んでしまい
叫んでもしょうがないのに・・・・
フクったら、嗅ぎまわるの全く止めなくて、ちっとも私の声なんか聞いてませんから(-_-;)

きをくばる

 
何かあったら、そのカラスを捕まえて、焼き鳥にしてやる!という気持ちです。

この日はどうしたんだろう??全てのカラスが、とてもイライラした感じでした。

寒いから?かなぁ・・・・

 

本日も最後まで ありがとうございました
から揚げにスルゾ!!

もうひとまわり

| フク | 10:02 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

短気は損気

これは、主人公パグ犬フク(まだまだ6歳)と、それにまつわる人間のお話です。

本日、ワタクシ番チョー自身の事のみです。文章のみ、長文

 

最近DS大人のシリーズを全くやらなくなったからか、とっても脳の前頭葉の萎縮を心配する毎日です。

だって、とても怒りっぽくなったような気がする。

 

先日、鏡開きのときに ふっと思ったことが。

   昔は、ストーブとかコンロとか、そういうものの上で、じっくりと御餅を焼いたのに・・・・

   その待っている時間が、楽しかったなぁ。

鏡開きのお手伝いで、如何に早く焼いて出すかということばかり、気にしていたことに気が付きました。
電子レンジで軽く温め、その後ホットプレートで表面に焦げをつける。

バタバタと焼いて、皆が食べている姿を見て、自分の短気さに驚きました。

時間に拘束されているような気分?それとも、ただの短気なんだろうか?

 

私は、九州生まれの九州育ち 元来とっても短気ではあります。

それが関東に来てから、のんびり君と短気君が中和されて、チョッピリ短気 位で止まっていました。

でも 今年になってから、毎日・・・・・・  フクのオヤヂに説教してます(>_<)

なんに対して、そんなに怒っているのかも分からない、あきれる位、もういっぱいですよ。

ああ おこりんぼの自分が嫌ですね。
だから、フクのオヤヂにお願いしました。

 

お願いだから、一日でいいから、怒らせないでくれ (ToT)

 

これは無理なお願いなんだろうか?   そうだ、今年の抱負に付け加えよう。

一年に一度でいいから、フクのオヤヂを全く怒らない日をつくる

フクの事は、あんまり怒らないのに・・・・ 何でかなぁ。
やっぱDSまたはじめよう。

 

おちつくか

本日のとってもくだらない話にお付き合い、ありがとうございました

オマエを婿(じゃないけど)に、貰うためにー♪ 言っておきたいー♪ 事があるぅ~♪

行って来ますと出て行って、何度も何度も何度も何度も、忘れ物をとりに戻らないでくれ
一回でいいだろう?

フクの食器をちゃんと洗ってくれ、ほんの1年に数回なんだから
ヌルヌルしているジャン。

散歩から帰った後、フクの足と顔をもう少し丁寧に拭いてくれ、一年に数回なんだから
ドロドロのときがあるし。

30分で帰ると言ったら、せめて1時間以内に戻ってくれ
朝まで戻ってこないし。

 

オマエはIMG_4670.jpg戻ってくるよな

<番チョーの いい間違い>

お散歩仲間の皆さんに

  番: 最近ね 処分直前のワンコを引き取った人がいるのよ

というところを

 

  番: 最近ね 処刑 されるはずだったのよ

 

と言ってしまった。

でも、それはその日 処刑 といい間違えた3度目の事でした。

三度とも、みんな顔がビックリするので、自分で気が付いたことは言うまでもありません。
そして、誰も笑いませんでした。

| ワンコ以外 | 21:39 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大きさは

これは、主人公パグ犬フク(まだまだ6歳)と、それにまつわる人間のお話です。

番チョー&フク の大好きなカリスマワンコリーダーのミキちゃん(とってもヤング)が、突然

いまどきのギャル風でお読みください。

  ミキ:  ねぇねぇ あのさー L(える) M(えむ) どっちだっけぇ~?!

       ぜーったいぃー(絶対) S(えす)ってことはないしね~!だよねぇ~

       もしかしてぇー LL(えるえる) だっけぇ~?

       チラッと番チョーを見て

       あ。LLかもねぇ~ 間違えたぁ ごめぇーん。

 

○ 何のお話か興味のある方は 続きは番チョーのこと をお読みください ○

 

 

愛犬フクは、去年の3月 肥満細胞腫の手術と一緒に去勢手術をしました。
そのときから比べるととっても太っています。

たわわ

体重増は 約700gほど。きっと人間だと、7キロぐらいだ。

前体重 7.8Kg ⇒ 現体重 8.5Kg

 

おやつは全く無しだし。ご飯を少なくしたって、カロリーをダウンしたって、全く痩せません。
これは、中年番チョーと同じ状態。

これは運動だ?! 

と思って毎日お散歩しても、あまり変化はなし。
このまま9Kgまで太ってしまったらどうしよう・・・・・(>_<)
と、悩んでいたら

  ミキ: フクはもう痩せないね。すぐ9キロだよ。

って、軽く言うんだもん。寂しいじゃん。
最近 フクのお洋服がパツンパツン。着られるお洋服が・・・・ 少ないかも。

  番: フク もう少しご飯少なくしたら 怒る?

 おこるふく ←クリック拡大

  フク: 絶対怒る

 ばくはつすんぜん ←クリック拡大

  番: だよなぁ・・・・・ その前に、自分だよなぁ・・・(-_-;)

 

本日も最後まで、ありがとうございました
痩せたい でも、食べたい

おねがい

*** 続きは?? ***

| フク | 10:16 | comments:22 | trackbacks(-) | TOP↑

2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月