FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

日本はまだまだ捨てたもんじゃない

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


連休で行楽日和を堪能されたご家族は沢山いると思います。
番チョー一家 滅多にこのような連休に移動するということはないんですが、
今回は この方たちから(食べ物のいろはを教えていただいております)嬉しいお誘いがあったので、
ご一緒させていただくことにしました。

初めて行く場所で、カーナビで設定しても道を間違えてばかり。
永遠に到着しないかと思いました。 が、

こんな綺麗な場所でした。

IMG_1016.jpg 
@車山高原


前置きが長くなりました。

その楽しい旅行の帰り途中での出来事です。
同じように、帰路に着く方が多くて大いに渋滞しました。

途中 30キロ渋滞

なんて、書いてあるし。
うちにはチビワンコもいるので、途中で何度か停まってあげたいんですが、
どうしてもパーキングエリアに行くまでも、そしてパーキングエリアでも大渋滞。

トイレだって大渋滞。
人間だって、トイレに行かなきゃー、いつ行けるやら・・・・



 番: ねぇ。私のバッグは?

 オヤヂ: え? 俺もらってないよ。

 番: あ?!




5分ほど前に行った トイレに忘れたのです。
オヤヂが もう絶対ないよ。 あるわけないじゃん。 お財布も入ってるの?


なんていうものだから、緊張感が走ります。


<トイレ番号NO9前>

 番: ドンドンドン。 スミマセン。ここにバッグはありますか?

 女性: はい ありますよぉー♪




そう、これがそのバッグ。

えこ 頂き物のエコバッグ


 オヤヂ: 見るからに高かそうジャーないからね あははー ついてたね。



(バッグをくれた方スミマセン)バッグがみすぼらしいってこともあるだろうけど、置いた場所にそのままあった
その状態が 日本はまだ平和だし、女性の対応が捨てたものじゃないなぁー と

渋滞はイヤだけど、嬉しかった帰路でした。

本日もありがとうございました
ニッポンバンザイ♪

| 思い出 | 10:15 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月