ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

ほんね

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


おりゃーフクだ。

きょうは、ほんとーの おりゃーのことを おしえるずら。

IMG_3183.jpg 


ひとーつ 


ばんちょーは おりゃーのことを しろいきこうし だとかなんとかいってねーかのぉ?

そんなもんしらんがね。

おりゃー つまんねーことには むし するんずらよ。

それで かってに そう、おもいこんでるんでねーのかのぉ。

はなしかただって ほんとーは すげーなまりがあるんでのぉ。

ま おりゃーは どうでもいいんだがね。




IMG_3184.jpg

 

ふたーつ 


おりゃー けっこう ばんちょーがすきなんずら

ばんちょーも おりゃー のことがすきなんだ。


で・・・・・

おりゃー ちょっと、ばんちょーのことが しんぱいなんずら。


さいきん、おりゃーのからだに なにかおこったんだと

ばんちょーが めそめそしてるから なんかそんなきがするずら


よー しらんけんど ばんちょーが また、ばかわらい するようになるかなー

と おりゃーは、かんがえこむんだのぉ。



あとは またこんど なり。

IMG_3182.jpg 

 

*** 続きは?? ***

| フク | 10:33 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PTA参観日

 これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



金曜日は、ライ君の幼稚園登園日

ですが、その日は PTA参観日 でもあったのです。



おもちゃ

参観日とはいえ

どれ 



プール でお遊び なんですけど。


ようこそ 



パグさんは、ライ君だけなので一目でライ君だと分かります。

そして、ひとしきりプールの周りを パグ走りしながら

大はしゃぎ。

いそがしい 


ライ君のはしゃぎっぷりは 先生や父兄にはとても喜ばれたのですが、

ワンコの皆さんには、大迷惑だったようです。


ごめんよ。お友達。

これからもライ君と仲良くしてあげてね。

こら 

☆ ワンコ幼稚園のワンコ先生&アシスタントの皆様 ☆

すごーく大変なのがヨークわかりました。

いつもありがとうございます。

 

本日もありがとうございました
父兄の皆さん ご苦労様でした

| ライ君 | 15:29 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

禁句です

コレは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



先日 いや かなり前かな

 

IMG_1672.jpg 
写真は冬のもの



(フクの)会社の人が、


 「 フク、いぢめられるンだって? おまえ なさけねーなぁ お兄ちゃんなんだから・・・・  」


と、フクに話しかけていました。




 番: しっ そういうことは一切言わないで下さい!

    それでなくても凹んでいるんです。

    言葉が分かっているんですから。



と、その人の言葉を遮るように

そして フクの前だったので 静かに叱責しました。

フクは、その話を聞いたとき、とっても凹んでましたから。

090318_1509~0001 



そうそう お宅のカワイコちゃんは よーく お話聞いてますよぉ~。


だから、凹むような言葉は、 禁句 なのですよ。





本日もありがとうございました


わたくしも 段々お話が分かるようになったのでございます。

rai_1139.jpg 


 番: そうだね。

| フク+α | 10:28 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

優しさが身にしみる

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


実家から戻ってきた私に、黒パグちんぴらライ君は 私を無視するという大胆行動に出たのですが、

そうそう長く続くことはなく、あっさりと私に敗北宣言出しました。めでたし♪

IMG_3161.jpg 番チョーさんについて行きます の巻。ライ

 

さて、本日のお話。

帰省から私が戻ってきたと思ったら オヤヂがまた家出した。

うちはどうも、すれ違い家族のようです。


 番: どこにいるんだ?! by mail


 オヤヂ: ・・・・・・・・ 連絡なし。

 



という、ギクシャクな家族なのです。


極めつけは、先週私が田舎に滞在中、殆ど床に伏していて何も出来ず

それで 不覚にも、寂しくなって・・・・・


  番: あのさー フクライの写真でも送ってよー


と、なしのつぶてのオヤヂにメールしたら


  オヤヂ: わかった




と、メールが来たまま 1週間をとうに過ぎ あと3日で自宅に戻る というときに

やっと 携帯電話の添付メールで この写真が届きました。 


 mail[2] フク mail[1] ライ


か・・・ 可愛い。(*^。^*)




って そんなことジャーなくて  


オヤヂyo-  ほんと、優しさが身にしみるze。 ┐(-。-;)┌

忙しいのは分かるけど、もう少し私をいたわってくれ。

たった2枚で、さびしーじゃーねーかぁ。(ToT)/~~~




 

本日もありがとうございました

写真小さすぎて、見えずれーyo

小さい声で申しますが、本当は仲良し家族です。
言い訳じゃないよ・・・・

| フクのオヤヂ | 13:53 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

忘れられた番チョー

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


2週間ほど家を不在にし、戻ってきて一番悲しかったことは



ライ君が私のコマンドを中途半端に聞いたこと。

視線なんか、全くあわせないし。

IMG_3164.jpg 
いったいなんのことですかー? の巻。 ライ君



変わり身の早いヤツだと分かりました。ヤングだから と思いたいぼそぼそ



フクは相変わらず、常に私の視線を離さないようにじっと見つめてくれています。

さすが白い貴公子♪



 フク:  また番チョーの訓練が始まるぞ。

     気合い入れろよ!ライ。

IMG_3162.jpg 
後ろからライを叱咤激励する の巻。 フク




番: そ そうだな。 さすがだなフク。 ぼそぼそ・・・・





本日もありがとうございました
課題 ライ君はいつ私を認識するでしょー

| フク+α | 10:17 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガリバーな気分

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


田舎で2週間の滞在中 体調を崩し、うんうんと唸っている間のことです。



ところで、こんなに沢山黒いのが、自分の周りをぐるりと囲んだら どうします?

 

 

raidarake_convert_20090823213055.jpg

 




私の答え) ライ君だったら、可愛いから許す。




ところがです・・・・

ワタクシ、2週間の田舎滞在中 ほぼ2週間床についていました。

そして、ゴロゴロとしながら持ってきた 西遊記(平岩弓枝著) を読んでいたら


「いたっ なんだ??」


ということがしばしば。

そして、薄暗くなった部屋に明かりをともしたら


  「なんじゃーこりゃー!!!」



読書中の孫悟空が術でも使ったかと思いました。注1)

ちっちゃい黒いアリンコが大群で、綺麗に円陣を組んで私を囲んでます。

気分は、ガリバー旅行記のガリバーさんです。

し しかし・・・・ 生命の危機を感じました。

そして、体中にはポチポチと赤い点々で それが痛くて痒い。



おおー怖かった。

私の田舎は虫だらけです。(前回の記事も含め

ライ君がいっぱいだったらいいのに・・・・・ いや それも結構怖いかも 

 

本日もありがとうございました
うちの家だけだと思うけど、古いから。

 

注1 孫悟空は、自分の毛で 分身の術(自分のコピーを作る) の目くらましします。

| 未分類 | 08:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虫三昧

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


二週間ほど田舎にいました。
土曜日に戻ったのですが・・・・ 

フク・ライついでにオヤヂったら あれだけ全くうぇるかむばっくの意思表示がないと

 

IMG_3120.jpg 

 

IMG_3116.jpg 

 


また家出してやる!



って気持ち満々になりますね。bu-

田舎にいる間 何にもすることないから 本でも読もうと思って持って行ったんですが、
あれだけ役に立つとは。

2週間、寝込みました。
お盆にお手伝いと思ったのに、役立たず。


具合が悪いと、どれだけ眠るんでしょうね。
一日中寝たままでした。

ですが・・・・・


一般的に田舎というのは、涼しくて静かで という想像をしがちですが

朝は  蝉の大合唱 

昼は  蝉の大合唱

夕方は じーじーと なにやら虫の大合唱

夜中は カナカナと なにやら不思議な虫の大合唱

そして、

早朝は、また蝉。


ほぼ24時間 虫にうなされながら眠りつづけました。


虫めっ




本日もありがとうございました

今は、もうすっかり元気。
親からは、「来たときと帰るときだけ元気だな」 と言われるし

| 未分類 | 09:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海にはクラゲ

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語




写真はビデオから抜粋しているので、写りがとっても悪いです。

 

fuku#61474;rai_0005 
青春ど真ん中 の巻。 フクライ番チョー

 

海に行ってきました。

フクライ、とっても楽しみにしていたようです。



柵がしてあるのに、潮の香りにつられて、どうしても行きたいと リードを引っ張る引っ張る。

午前中で曇り空なのに、湿気がすごくて、むせる一日でした。

家に戻ったら、体が真っ赤だったので、結構陽射しはあったのでしょうね。

 

 

fuku#61474;rai_0012 
クラゲは食べられそうだと思っている の巻。フク


 フク: オイラ、食べ物 はけーん♪


 オヤヂ: あ ばかっ それは食べるな!!!


 番: あー 早く取り上げてよ!!!


 オヤヂ: ええー?! いやぁ~ん (@_@;)


 番: じじぃ ぼけっ。早く取り上げろよ!

    走っていき、取り上げる。




フクは、クラゲの存在には気付いていたんですが、半透明なので、なんだか分からなかったんです。

それを私が持ち上げて、ポイッと捨てたのを


見ていたんですねぇ~


基本 拾い食いしないんですが、好奇心いっぱいの彼は、それを触ってみたくなって、

そして、口に入れたくなったようなのです。

阻止しましたがね。

でも、クラゲを見つけるたび、チョイチョイ手を出して、触っていました。

fuku#61474;rai_0008
海って気持ちいいー♪ の巻。フク 



それにしても、役立たずのジジイ(オヤヂ) クラゲも なまこも 素手で触れないのです。

って、虫もキャーキャー言って逃げ回るし 蝉だってつかめない。

もー 女子の私より全く女々しいヤツです。

<よだん>

ライ君は、意外とサーファーです。
波に向かっていき、ジャンプしてました。

fuku#61474;rai_0015
大事なぼっくりさん死守 の巻。 なライ

 

 

本日もありがとうございました

小さい ハマグリ みーつけた♪

fuku#61474;rai_0007 

今度は川遊びが良いな。

| フク+α | 11:09 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝のニオイ

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語。



前回の物語から、続いています。

文章がダラダラです。そして、滅茶苦茶へたくそなので、読むのが面倒くさい方は

最後の数行をお読みください。








「 おはよう 」


IMG_3100.jpg 





ライ: はいっ。おはようございますなのでございます。

    うふふっ。





シャワーをざっと浴びて、ふかふかのベッドで、もう一匹の愛犬と顔を寄せあって、

寝ているはずの その人は 玄関を入った所に ごろりと寝入ってしまったらしい。

しかし、なぜか 黒いチビのワンコが 目の前にちょこんとお座りして自分を見ている。



「 あー!!!!  まぢde-??? ええええーーーー!!! 」



女の甲高い声が、朝の静けさを一気にぶち破った。 


あ 頭が痛い・・・・ 二日酔いだ。 ううぅ・・・・




「 信じられーん! 」



「 お 俺も信じられん。こんな所で寝てたんだ。 頭いたい。 」



「 くそじじー あんたがどこで寝ようが、どうでもいいんじゃ ぼけっ。 」



ねむい 





 ライ: まぁまぁ・・・ 番チョーさん何を怒っているのでございますか?

     少し落ち着いて。うふっ。

     ワタクシ、一晩とーっても楽しかったのでございます。うふっ。

     オヤヂさん、ワタクシがお顔をペロペロとしたら、やっと起きてくれたのでございますね♪





「 ライ!! お前、またウンコ食べたな 」


 ひろう

 

 

くっきりと残った、うんこさんの跡形と残骸を見たら、食べたことは一目瞭然。

オヤヂは深夜帰宅してすぐ、ライ君のケージを開放し、一晩中電気をつけて部屋を明るくし

そのまま眠ってしまったようです。(なぜ?なぜそんなことをしたの??)

そして 疲れを知らない黒い弾丸は、夜なのに明るくて、オヤヂも側にいるし 嬉しくて嬉しくて・・・・・・・

興奮したまま、一人大運動会を一晩中開催していたようです。 そう一晩中。



「 おぅええぇー 俺の顔、ウンコまみれだ。 」

「 じじぃー みんなの努力を一晩で  にしたな!!! 」


「事件」はこうやって起こるのです。 ♪~( ̄ε ̄;)



しゃ 



本日もありがとうございました

せーっかくライ君、うんこさん食べなくなったと思ったのに なのに!

| フクのオヤヂ | 10:18 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

事件は現場だ!!

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


事件というのは、切羽詰まったときには、一際悪くなるモノなのですね。

もー ワタクシ ゲンナリですよ。

そして、何もかもホオリ投げて、実家に帰りたくなりました。





小説仕立てです。

文章がへたくそなので、気分を害すようなら 今回読むのはおやめください

次回の記事で、全て分かります。




「嵐の前の日食」

ある日のある晩 日食で世間が賑わっていた日だっただろうか 

その人は 仕事仲間とお酒を飲み そして全部ご馳走していただいたことから、

それはそれは、一層美味しいお酒だったようで、気分よく帰宅した。


「ただいま」 


その言葉は、深夜の寝静まった家では、誰も応えてもくれるはずが無く

いつもだったら、「おかえり」 の言葉を期待するほど寂しいはずが、

その日お酒の影響もあって、 全く寂しくなかった。


いつも通り、部屋の明かりをつけ 愛犬に言葉をかけ そして、シャワーをざっと浴びて

ベッドに倒れこむつもりだった。



その人は、よく朝ひどい頭痛に襲われながら、目覚めた。

素敵な夢の途中から、鼻を付くような嫌なニオイに包まれた。

これは夢なのか、現実なのか・・・・・

そう思いながら、少し頭を動かすと いつもと違う光景が。



「おはよう」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 次回に続く




にんじん 



この方が、全ての鍵を握っています。


 

本日もありがとうございました

| フクのオヤヂ | 10:56 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月