FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

貴公子の凄いこと

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



白い貴公子フク兄さん8歳 最近耳が悪くなって、顔面麻痺になってしまいました。

詳しくは、過去ログ「病気」をご覧下さい。



耳が痛かったり、思うように顔が動かなかったり 吐き気がしたり・・・・

色んな不快感や痛みがあったはずなのに、弱音を吐かないんです。

どんな状態でも、絶対ご飯を食べようと努力する。

最悪で吐き気があったはずなのに 8割 食べました。(大尊敬&感涙)




IMG_5406.jpg 
眠っているのに、右目が閉じない。眼球がグルグル・・・・




そしてこれはもっとも尊敬すること。

今は麻痺で瞬きできないから ドライアイ になるんです

だから、ヒアルロン酸配合の目薬を点眼しているんですけど、目を掻きたくなるんですよね。

でもそれは絶対して欲しくないから、目薬を差した30分は(ときどき)カラーをしてもらうことにしたんです。


で カラーをするかしないか、フク兄さんに聞いてみました。


番: フク 目を掻き掻きするなら、お手々を舐め舐めするなら

   お首に巻くよ? いい?



目を見ながら、ゆっくりと二度ほど言うと ぱっと掻くことを舐めることを止めるんです。

すげー すげー。

信じられませんでした。 でも、本当なんですよ。 すげー 天才だ!


それでも、掻きたくてしょうがないときがあるんです。

そうすると自分から、じっとして首を差し出します(なんか変な言い回し 笑)。



IMG_5371.jpg 
カラーどうしても掻きたかったから、しょうがないね。






オヤヂがいうには


 フクは番チョーのいうことと、したいことはほとんど理解してる。




なーんか嬉しいんだけど、けなげで・・・ 涙が出そうです。

辛いのは自分なのに、私のために努力してる。  もー嬉泣号泣悲泣

凄い子です。


本日もありがとうございました

| フク | 09:53 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月