FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

医者と患者(犬)

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



7日ほど前の早朝 

突然フクが一鳴きしたと思ったら、大雨の中 外に走り出て行き

びしょびしょになりながら、小一時間ほど外を徘徊しました。

トイレがしたいのに出来ない、どこが痛いのか分からない 何が起こったのか分からない


フクもびっくりしたようで、私たち夫婦もおろおろするばかり

フクが落ち着くまで、びしょびしょになりながら、(オヤヂが一緒に)外を歩いたのです。

家に戻って、寒さからか痛さからか、ぶるぶる震え 玄関から動こうとしません。

食事を玄関に持って行っても、食べるまでに時間がかかり 最後のお皿まで綺麗になめることをしない

今までのフクにはあるまじき行為でした。


かかりつけの病院へ朝一番に飛び込み、其れまでの行動を全部はなし・・・・

膀胱か? 尿道か?

尿、レントゲン、エコー、カテーテル 全部検査して

泌尿器系ではない。

体のどこかを触ると、きゃんと鳴く。どこかが痛い。


担当医も はっきりとは分からない という。

消炎剤を貰い 自宅に帰ってからのフクは・・・・・

痛くて痛くて24時間固まったまま 排便排尿をしませんでした。

消炎剤も、あまり効果がなかったみたいで痛みが体中を駆け抜けていたんだと思います。

私に訴えかけるような顔 血走った目 荒い呼吸。

二年前の 末梢性前庭疾患 を思い出させます。



こういう時には、すぐに先輩わんこオーナーに電話してしまいます。

こんな時ばかり、電話して本当に失礼なやつだと思いますが、こういう先輩がいてくれるだけで 心強いんです。

すみませんわがままで。


かかりつけの病院だけでなく、レオ先生のところにも電話して、これは緊急なのかどうかを判断して貰いました。


レオ先生: 痛みがひどいのはとても可愛そうですが、緊急を要するということはなさそうです。

      痛みが引いて、動かせるようになってから、一度診察させてくださいね。


深夜にも、レオ先生が心配して、電話してくれました。うるうる・・・・レオ先生ありがとう。


で 

現在は こんな感じ。





annsoku.jpg
フク兄さん・・・・ どこが痛いの?



(雨降りだから良いんですけど)外には出たくないようで、ずーっと寝てます。

いつもなら、私たちにくっついているのに、一人になりたいようです。






フクが元気にならないと、私も元気じゃないんだなぁ・・・・・・ 

ライ君はいつも元気いっぱいだけど。



raidesu.jpg
元気で何よりですよ~ 笑



本日もありがとうございました

どちら様も、楽しい連休を♪

| 病気 | 15:38 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月