FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

バイキンの気分

これは、主人公パグ権フクと、それにまつわる物語


月曜日早朝(4時ぐらい)トイレに行こうと起きたら 目が重たい。

眠いからだな・・・・

だけど、左目は開いているのに、右目は開けようとしても開いてない

なぜかわからないけど、寝ぼけているのですぐに床に入り

起床時間6時に目覚めた時は なんと!!!!


誰かに殴られたような目になっていました

((((;゚Д゚)))))))




病院の開く9時半にダッシュで診察券を出して、順番を待つと

番チョーさんと名前を呼ばれたかと思ったら、

「 あちらの待合室で、お待ちください 」


そう言われて、隅の方に隔離

順番の様子を伺おうと、少し顔を出したら 看護師さんがジャンプして飛び出してきました


「 中から出ないでください 」


そして、私の触ったところや 私がトイレを使用した後など

強烈なアルコールでそこらじゅうを拭きまくっていました。

そして診察、

何やらの菌の感染かどうかを調べるのに、グリグリと目の中を綿棒で・・・・

大声でギャーギャーですよぉ〜 何もしなくても痛いのに、また痛いことをグリグリと

ドクターをぶん殴ろうかと思いましたよ。(実際グーしてたし)


検査結果に10分ほど待てと言われ、また診察室に行くと

 「 陰性です 結膜炎ですね 」

そう言われてお会計を待つのに、また監禁されお会計の人が来るから一歩も出るなと指示

そして私の座ったところを全て強烈な除菌をしていました。


 番: なんでかなぁ〜? ちがうのに・・・


その一言が聞こえたようで、ジャンプして出てきた看護師さんが

「はやり目」と言われる アデノウィルスは、人に移るので、除菌しています」

と言うので

違うと言ってましたよ、陰性だって言われた 

と答えたのに、それでも一歩も出るなと 大声で


そして処方されたのは、結膜炎の薬。

(アデノウィルスには治療薬がなく、自然治癒力で・・ と書かれています。)



IMG_0357.jpg 
表裏にいっぱい『注意』が書いてあった




そりゃーわかりますよ 人の命を預かる病院ですからね

感染したら大変なのは、だからここまでするのも当然と理解しています

だけど・・・・なーんんか 私自身がバイキンの気分で 寂しい気分になりました。


あんなに興奮して、大声で言わなくてもいいのに・・・ 

「菌が感染すると!!! うんぬん うんぬん 」


病院なんて菌だらけなのに、バイキンがきたぞー って感じで 

そこらの人は、さーっと避けてくれましたYO



それではまた今度
フク兄さんには移ってませんよ








| ワンコ以外 | 17:54 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月