FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

さんどはいやです

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


季節が夏に近づくと なす が美味しくなります。
大好きななす 油ととても相性が良い。

一昨日のこと
立派な なす が手に入り、滅多にキッチンに立たないのに
そういうときに限って、ナスのヘタのトゲに ぐっさり やられました。
抜いたら、そこから血が・・・・ぽたぽた
トゲにしては、多く出血。
でも、ナスは美味しくいただきました。

昨日のこと
フク兄さんの夕飯に、お豆腐を少し分けてあげようとして
パッケージを開けようと、格闘したけど開けられず。
最終手段の包丁でパッケージの端を切り開ける ということをしたら

ぐっっさり

手にぐっさり

刺さりました。

まるでプラスティック容器のドリンクを飲むときに

ぐさっとストローをさしたように

そして、血が吹き出ました。


包丁で切ることはあっても、刺さることは経験上ないので、驚いて
包丁さしたまま数秒 あちらの世界(?)にいるような気分でした。
ハッと我に帰り、抜き取ったら キッチン血だらけ。
そして、なんと!!
お豆腐と包丁は、そっと置いて 水で血を流しました。
けど、手から流血しているので、何も綺麗にならず 堂々巡りをまた数秒。
無意識に行動していたんでしょうね。

それから心臓より高い位置 というのをこころがけ
止血しようと ぐっと手を握り数分
手を開いて、血が流れていないのを確認して、清潔に保つため手を洗い
絆創膏と包帯で、止血しました。

と、その間5・6分 フク兄さんの夕飯が頓挫して、フク兄さんは大騒ぎ
そして、私も頭の中も大騒ぎ


IMG_3279.jpg 
結論
普段やらないことは やっぱりやらない方がいい。
(お料理しないんだから)


それではまた今度

刺さるより、抜く方が断然痛い 大泣
そして、もう3度目はありませんように なむなむ



| ワンコ以外 | 12:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

といれじじょう

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

老犬あるあるです。

人間もワンコさんんも、年をとるとかなり足腰に負担がかかり、トイレに行くのも一苦労。

人間のことはさておき、フク兄さんのトイレ事情を記します。

現在16歳のフク兄さんは、14歳ぐらいから 外で排泄しなくなりました。

タンクがパンパンだったり、どうしようもない状態のとき以外は、自宅の所定の位置でしかしません。

お散歩のときに、クンクンと嗅ぎはしますが、全く排泄行為はしません。

初めは驚きました。外でしなくなるなんて・・・・(他のワンコさんは、雨でも嵐でも外でしないと というこが結構いたので。)

前回の 床事情 でも書きましたが、今はかなり足元がおぼつかない状態です。

それでも、自力でなんとか行くことは本当にすごいです。

家の中を、ヨガマットだらけにしたら もっと上手にトイレに行けるようになりました。

ただ、段差があったりすると こけたり、尻もちついたり、もたついて足が上がらないので、

なるべく平らな状態でおしっこシートを広めにしてあげています。


IMG_3246.jpg 


ごらんのとおり、ドヤ顔で終了をおしらせしてくれます。笑

しかし、でっかい方は かなり大変で、立って踏ん張ることができなくなってしまい、

尻もちをついてお尻が大変なことになることが頻繁です。

それでも、(本人)自力でしたいので、後ろから支えてあげています。

夕飯前の興奮マックス状態のときが、大変です。

ワンワン吠えて、腹筋を使うので、尻もちついて知らない間に うん?まみれ 笑

私たちは、元気に出してくれるだけで、安心しています。

失敗しても、自分で頑張っているので、褒めちぎっています。

14歳ごろ 失敗し始めたとき、かなり凹んでましたが、最近は私たちが褒めるので、

失敗していないと思うようになってくれたようです。

横になっている時間がかなり多くなり、同じ態勢だから足が痺れたままだったりして

起きてもすぐに歩き出せず、足がひっくり返った状態だったりしますが、人間だって同じこと。

足のしびれを感じてもらうため、足の裏に刺激を与えたり

足をまっすぐにしてあげて立たせたり 自分の足を感じてもらうようにしています。

その間時間がかかりますが、自分でできることは自分でする 

それがうちのモットーです。(*・`ω´・)ゞ

私の尊敬する、ワンコリーダーみきちゃんが「トイレに始まり、トイレに終わる」

と言った言葉を、いつも思い出します 本当にその通り。


それではまた今度


| 老犬介護 | 15:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとうがいいたくて

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


今日4月17日は、お空に行ったライくんのお誕生日なのです。

ここにいれば、10歳。 立派な大人の男子です。

きっと、顔の白さが渋く光り 尻尾の先っぽにも渋い白い毛があり、

フク兄さんのようにダンディーな男子になっていたでしょう。

永遠の弟キャラではあるけど 笑


IMG_1706.jpg 


ライくんへ

ここでは10歳、お空では3歳

もう少しそちらで楽しく過ごすのでしょうか?

ライくんの好きな時に、戻ってきてくれていいんだけど、夢にも出てきてくれると嬉しいです。

それからライくん。車の中から、木の枝が出てきたよ。ライくんのお散歩のお供だと思う。

全然枯れていなくて、びっくりしたよ。

ライくんはそちらでも何か咥えてお散歩しているのかな?

それと ライ毛(ライくんの体毛)も時々出てくるんだよ。

ライくんのお家をそのままにしてあるから、その周辺から時々ね。

そんな時は、番チョーさんの目から雨が降ってきて大変なんだよ。

家の中でも、あそこにいるかな? ここにいるかな? って、

ライくんの黒い丸いお目目を探したりしてます。

だけど毎日ずっとじゃないから、心配しないでね。

番チョーさんのお散歩の時には、いつもライくんとお散歩している気がするよ。

フク兄さんは、もう長いお散歩できないから、ライくんと二人で一緒だね。

そのとき、ライくんの一生懸命歩いてる姿が、本当に見えているんだよ。

可愛いライくん ライくんの大好きなパンケーキ焼いたよ。

おやぢさんが一生懸命焼いたよ。

幼稚園でおやぢのパンケーキ みんなに自慢していたよね。先生がそう言ってたよ。

お空でもみんなにおすそ分けしてね。

最後に、番チョーさんはライくんのおかげで元気だよ。

去年の今日ありがとね。

ライくんのお誕生日の日に、手術をしてライくんが見守ってくれていたの知っているから。


IMG_3244.jpg 


ありがとうね。  それではまた今度



| ライ君+α | 23:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆかじじょう

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


ワンコさんと生活あるある だと思いますが

床にコルクマットやジョイント式のカーペットなどを敷いている人が多いはず、
ワンコさんがフローリングで歩きやすいようにと、傷や汚れに対処するため。

うちは床がタイルなので汚れていいし、傷にもなりません。
が、フク兄さんの足裏が(老化のため)滑って腰が抜けたり、歩けなかったりで
昔買っていたコルクマットを敷いてみました

はじめにトイレ周り、彼の必ず歩く動線 使い始めはなんとなく良かったんですが、
うちは床暖房を使っているので、コルクマットが乾燥してやっぱり滑り始めるようになり
足腰への負担が顕著に現れ 歩くのが困難になった時 夢でお告げが!

朝目覚めて、何のためらいもなくコルクマットを全部取っ払いました
コルクマットの下の滑り止めマットだけにしたんです するとどうでしょう!!!
まぁ〜 滑りません。

フク兄さんにはいい感じです。 しかしあることに気づきました。
家中が、フランケンシュタインのような、ブラックジャックのようなツギハギだらけ
しかも、滑り止めマットは何がいいかお試しで買っているので、全部違う種類。
いやぁ、見るも無残に気持ちの悪い家に・・・。が またもや夢でお告げが!!!

お試しの滑り止めマットを全部取っ払い、使わず押入れの奥に埃をかぶって存在した、

ヨガマット 

を敷いてみたらどういうことでしょう!
フク兄さんの足取りの軽いこと 嬉嬉。
それからヨガマットを4つ買い足し、今は家中にヨガマットが敷き詰めてあり、
ヨガ教室が開けそうです 笑

そして、フク兄さんの歩く足取りもまっすぐになり
16歳の彼が、まるで14歳に見えるほどサクサク歩けるようになりました。(少し誇張 笑)

お困りの方、一度お試しあれ。 ちなみに、ダ?ソーで¥400ぐらいで売ってます。


IMG_2919.jpg 
家中が緑色 。゚(゚^∀^゚)σ。゚


それではまた今度




| 老犬介護 | 22:20 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月