FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

はすきーぼいす

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


白い貴公子フク兄さん10月12日で17歳になります。 もうほんの秒読み。

 今現在は、後ろ脚に感覚があるものの歩けない。

 食欲は120%、一生懸命自力で食べています。が、食事内容はほぼ流動食。

 3時間から4時間ぐらいおきに、オシッコを知らせてくれるので、裏庭に連れて行きます。

 起きている間はずっと鳴き続け それがどんどん大声になり、火がついたような感じで泣き叫ぶ。 

 夜中であっても、トイレに起きたら大声で鳴き続ける。

 泣きすぎて、声が出なくなってハスキーボイスになる。



いやぁ〜 慣れるまで、本当に大変でした。

今は、大声で泣いていても寝られる自分がすごい!という毎日なので、睡眠時間は3時間ぐらい。
(私の場合は、五十肩で1時間寝て、1時間起きてを繰り返している)

それでも鳴いてくれていると思うのです。

その間は、うるさいけど、逆に静かになると 不安。

痛いから鳴くような風ではなく、運動ができない分 吠えて鳴いて

運動の代わりをしているようにも見える。

食欲はあるし、いろんな要求をしてくるので 多分ボケてはいるけど、やっぱり痛いから鳴いているんじゃないと思います。

痛くて鳴いているんだったら、本当にかわいそうだけど・・・・

今一番の不安は、私の五十肩のせいで、フクとのスキンシップが全くできないこと。

抱っこしたいけど、腕が伸びず力が入らず

痛みがあって、そばに座れないし、撫でることもできない。

毎日、顔を見ているだけの状態が続くのは、本当にストレス。

フクの大泣きも 少なくなればいいなぁ  かわいい鳴き声は大歓迎(´pωq`)


それではまた今度

大真面目で面白くありませんが
恥ずかしながら、五十肩のブログ始めました。 

| 未分類 | 19:55 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月