FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

≫ EDIT

としこしのじゅんびはできてます

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

全く信じられ無いほど、ブログを開かなくなりました。
それもこれも・・・・・   五十肩のせいです。大泣
2017年 2018年 私にとっては、肉体的にも精神的にもガッタガタの年で、
今現在のこの12月31日 2018年の最終日まで、激痛です。
泣き言で始まり情けない。


IMG_4819.jpg 



今年はフクと本当に深くしっかりと付き合う事ができたと思います。

老犬介護が大変だとは思っていましたが、日々大変になり 反面、激しく愛おしくなり 睡眠不足の毎日ですが、

この状況を説明するのは難しいですが、心は満たされた状態です。

ドクターからは、年を越せないだろうと言われましたが、おかげさまで元気に大声で泣いてくれています。笑

睡眠のための薬もほとんど使う事なく、自分たちでなんとかなっているのが不思議です。

夜9時ぐらいから明け方3時まで、フクのリサイタル(大声で泣く)が続きます。

でも泣き方が違って、トイレの時とお腹が空いている時 その二つを見極めれば、放置して好きなだけ鳴かせてあげています。

私たちは、その中でも眠れるように慣れてきたようです。

何が不便かというと、テレビの内容がわからない 笑(クイズ番組と、字幕のある番組のみです)

2019年はフクがどんな風に変化するのか想像がつきませんが、好転する事は絶対ありません。

私たち夫婦は残り少ないフクとの時間を大事に、楽しんで老犬介護に取り組みます。

ご心配をおかけしておりますが、一年間見守っていただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

オヤヂのインスタグラムでは、オンタイムのフクが見られます。


<おことわり>
私の五十肩痛と介護のため年賀状を出していません。こちらで、ご無礼申し上げます。




| ワンコ以外 | 17:42 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぼうこうえんではない はず。

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


老犬介護の話なので、まったく面白くありません。

最近のフク兄さんは 「激ヤセが止まらない」 です。

2週間前の体重は6.4kg(今は5kg台だと思う) 私が痩せたいのに・・・・と毎日思うほど。

彼はとっても食欲があり、いっぱい食べています。 本当にびっくりするほど食べています。

途中で食べ疲れて眠ってしまいそうになる程、必死に食べています。

何度か量を少なく回数を増やしたんですが、お腹が空いてずっと鳴き続けるので、徐々に量を多くしたら、現在の量。

これも、無理に増やしているわけではなく、フクが自分で指示してくるんです。(要求ボエが少なくなること)

あれもこれも勉強させられています。


そして 今一番困っていることは、トイレ。

普段の彼は、ノーおパンツです。笑

トイレの要求ボエが必ずあるので、おパンツは意味がなくて、薬でおねんねの時だけ装着です。

で!   このトイレの回数がハンパ無い。膀胱炎を疑うほど。

1時間に一度は必ず要求ボエで排泄。その要求を無視したら、そこでしてくれるかと思ったらそうじゃ無い。

そのまま1時間以上鳴き続けるので、行くしか無い それが就寝時の1時間に一度が辛い。

最近はこちらも慣れてしまって、大声で泣きわめいているのに聞こえ無いのです。

そーすると、白い貴公子フクGーさん”激怒”  笑

この激怒が、おさまら無いと大鳴きが止まら無い。

こうなると、まったく手がつけられなくて、朝の6時まで大騒ぎのフクGーさんと睡魔のダブルパンチで人間は脳みそダラダラ状態です。

大騒ぎがひどいと、彼の体力も大変消耗するのでお薬に頼らざるおえなくなります。

この状態が毎日で、彼の消費カロリーは食べているよりも多くて、激ヤセなのです

という近況です。

オヤヂと私は二交代なので、一応二人とも眠っています ご心配なく

高カロリーのもの誰か教えて プリーズ


それではまた今度 


| 老犬介護 | 16:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月