ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タンポポ畑でうれしはずかし

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



桜が散ると、フィラリアが気になる時期になります。

病院で平日だったのですが、パグさん大集合だったのです。

偶然ですけどね同じ時間に、うちを含めて6匹。


検査のために、チックンされて凹むフク兄さん。

検査だったのかなんだったのか、わからなかったチビ黒ライ君。

二匹の表情が、大変面白かった。(病院内なので写真無し)



うちは、病院で頑張った後には、ご褒美のお散歩をします。

特に好きそうな所に行き、大発散。




ふまれ



黄色く可愛い、タンポポ畑でした。

帰り際には

おおー!!




ミキちゃん。

フクの大好きなミキちゃんが、ご一行様でお散歩していました。


だいすき 
フク感激の巻



だいすき2 
嬉しくてジャンプの巻




病院で頑張ったフクライへのご褒美は、お散歩よりミキちゃんなんだなぁ 笑







覚え書き

フクライ 腎臓 肝臓 コレステロール 全く問題なし。

フィラリアの薬 5月末から


本日もありがとうございました

頑張れ東北!がんばれ~みんな。
福島のアンテナショップで購入
IMG_6816.jpg 
ほんのりと小豆の味(小豆を茹でたゆで汁みたいな・・・・・
関連記事

| フク+α | 11:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT