ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あ”-っ

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語




うちの白い貴公子フク9歳。 彼は年々、人間くさくなる。



IMG_7025.jpg 
白い貴公子 起きたばっかり





 『 はいっ 出来たよ。 』



 『 がっちゃーん 』



 『 あ”ーっ 』






ということが起こりました。

具体的に何かというと・・・・


番チョーがせっせと作った、できたてホヤホヤのフク飯を、

オヤヂが床にぶちまけたんです (いつかやるだろうと思ったけど)お見事に。



そうしたら、一部始終を見ていたフクが

あ”-っ って。

ホント、まるで人間が叫ぶみたいに。

誰が叫んだの?ってオヤヂに問いかけましたから。

マヂでこの子は、きっと人間に進化中だ。




IMG_7017.jpg 
首が折れそうなほど反り返る 事に意味はあるのか?




そんなことがあって、ぶちまけたご飯をオヤヂがオタオタと片付け中、


ご飯が出来るまで待ちきれなくて、毎回毎回大騒ぎのお祭り騒ぎの状態で

やっと出来たー やっと食べられるぅ~  と思っているフクは

どうしたって、おなかぺこぺこだし、食べたいじゃないですか!

目の前に、散らばっているんだから。


だけどオヤヂが おい待て。 といったモノだから・・・・

彼は悲しそうな顔で、じーっ と床に散らばったご飯を見つめ、

呆然と立ちつくしていました。

微動だにせず。


オヤヂを突き飛ばして、ガツガツいっちゃうと思ったのに、よほどショックだったんでしょうね。

可哀相だけど、その状況がもの凄く面白くて、大笑いしてしまった極悪番チョー。

フクには、すぐに代わりのご飯を作ってあげたけどね。^^



一方ライ君は

自分じゃなくて良かった~ って感じで、自分のご飯を堪能していました。


IMG_6683.jpg 
ライ君だったら、パニックで走り回るに違いないに 10000点!







本日もありがとうございました


南の方では、台風の影響で凄いことになっていますね。
停電とか・・・・
東日本震災後、計画停電とかで電気のない生活を数時間でもした人達は、電気のありがたみを
まざまざと知ったはずです。
8時間以上の停電で、本当に心細かったんじゃないかと思います。
それを考えると、東北の方達は大変な生活を余儀なくされ、東京電力を使う私は申し訳ない気持ちでいっぱいです。
土砂災害にも、お気をつけ下さい。


被災地動物情報

仙台の動物管理センター

日本動物愛護協会


東北地震犬猫レスキュー.com
 
関連記事

| フク+α | 10:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks

我が家でも前に同じようなことが起こりました。
その時はパフィという掃除機と、マイキーという掃除機が素早く出動し、あっという間に清掃完了。
その様子をじっと見ていたラフ嬢。

どこのお宅でも第1子は上品ですなぁ。

| lapuma | 2011/05/30 22:16 | URL | ≫ EDIT

lapuma様へ

ぶちまけたときは、ライ君もどうするか見物だったんですが
じっとしてました。
音にビックリしたみたいです。
音がなかったら、きっとライ君も掃除機になりますよ 笑

>どこのお宅でも第1子は上品ですなぁ。

私も長女なんですけど・・・・
この上品さは、悲しいかな ないんです。

| 番チョー | 2011/06/01 17:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT