ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高ぶりをおさえられない

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


びびびっっくりしたぁー

制服姿の高校生女子1男子2の 背が高く見事に綺麗系の子達が、目の前からやってきて

目が悪いから二度見しました。

だって・・・・・

ロングでまっすぐな綺麗な黒髪の、綺麗な女子の顔が「痣だらけ」だったから、

だけど、背筋がぴんっっとして、とても自信に満ちた感じだったので、

「この子は、素敵な子だわ」 と、おばちゃん心の中で尊敬しました。

で、この綺麗な女子と一緒にいる男子も、素晴らしい子達だ! と、じっくり顔でも拝んでやろうと

かっこよさそうな感じのスラット男子の顔をじっくり見たら・・・・・

 あっ 同じ様に、顔に痣だらけ


おばちゃん 見ちゃいけないと目をそらしたよぉー

だけどそれは、ゾンビの催し物だったようです。

ああー 安心したよ おばちゃんを脅かすなよ〜。そんな病気が流行っているかと思ったよ〜


というのは全く本題とは関係ない前置き。マヂ驚いたから、書いてみた。笑

さぁ これからが、つまんない本題


ワタクシ日本人としてどーかと思うんですが、白米がどうも苦手でございます。
(玄米はオッケー)
どうしても、あのネチョッとした感覚と、やけに甘ったるいのと、炊くときのニオイが、よろしくありません。

だからって全く食べないかというと、そういう事でもないんですが 進んで ではありません

で、パンなのですよ。

パン屋に行くとどうしても、高揚感を押さえられず

てんこ盛り 

に 購入してしまうのでございます。

そして、ココにも・・・・・




IMG_0659-1.jpg





IMG_0582-1_20140523171248213.jpg
番チョーも パンが大好きだーーーー!



高揚感を押さえられない、白い貴公子がおります。笑

パンのニオイをかぎつけると、トリュフを探す豚のように、パンを探し回るフク兄さんなのでした。




本日もありがとうございました



関連記事

| フク+α | 21:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT