ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ohかぶ上昇1

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


1月17日 13時頃より、フク兄さんの手術が始まり

目覚めて、傷の様子をチェックし、連絡が来るまで

かれこれ 4時間

オヤヂ&番チョー  地獄でした。 大泣



だって、心配だし 怖いし 心細いし

そして、ちょー寒かったし。



レオ先生: とても綺麗にとれました 今は元気にしています。



そう、一報がきたのは ガツガツとでっかいアメリカンバーガーと格闘していたときでした。

ハンバーガーなのに、鼻水と涙の味がしました。(食事中の人すみません)


そして 車中帰路・その晩一晩 私達家族には、大変な試練だったのです。




IMG_0987.jpg 1月17日帰宅直後



つづく。



関連記事

| 肥満細胞腫 | 12:08 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks

無事手術が終わったとの。ひとまずほっとしました。

| lapuma | 2015/01/19 22:49 | URL | ≫ EDIT

lapuma様へ

ありがとうございます。
今は、ほっとしたまま脱力です。

| 番チョー | 2015/01/20 20:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT