ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ohかぶ上昇4

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


株上昇中の黒パグライ君6歳

まだまだ 助っ人仕事 が続きます。




IMG_1004.jpg
ミッションでございますか?



彼は、術後のフク兄さんの具合が悪いのを十分理解しているようで、

そして

私達夫婦が、フクのことであたふたしていることを理解しているようで

なるべく離れて、ベッドにじっとしていました。

いつもならおもちゃをくわえて、私達に遊べ!とくっついてくるのに。



そのお仕事内容とは、フク兄さんのお薬の服用


頭の良いフク兄さんは、「クスリ」を、ご飯などに入れると器用に取り出します。

まるで某ドラマの中居君が  これはカレースープではありません とでも言うように・・・・

これは、ご飯ではありません って。 笑


で この助っ人隊に頼むのです。



バナナの中に埋め込んだクスリ は、フク兄さん

ただのバナナ は、ライ君



IMG_1012−1





IMG_1013-1.jpg




一緒にぱくん。

大慌てで、ぱくっと食べてくれます。

ライ君良い仕事してますねぇ〜。


同時に食べさせると言うことが、重要ポイント。

多頭飼いで良かったと、この時ほど思ったことはありません。

フクのライ君に対するライバル心と、ライ君の食いしん坊 が、決め手です。

今まで気づかなかったけどこんなメリットがあるんですね。笑



それでは また今度。

 

(ステロイド H2ブロッカー 抗ヒスタミン)



関連記事

| 肥満細胞腫 | 23:13 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks

そーなんです♪
やっぱり、わんこって集団で生きるのが良いんでしょうね(*´▽`*)
いろんな面で人間は大変ですが(笑)良い面の方が多いですよね♪

いつかはパグだらけのお家で生活したいと思っております(笑)

| まみ | 2015/01/28 23:33 | URL | ≫ EDIT

まみ様へ

ぜひ パグまみれで♪ 笑

| 番チョー | 2015/01/29 12:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT