ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぼうぼうです

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

白い貴公子フク兄さん13歳 1月17日に肥満細胞腫摘出手術を受けました



1月31日 無事、抜糸〜♪




IMG_1024.jpg




IMG_1022.jpg




抜糸をし 傷の具合をまじまじと眺め 写真に撮らせてくださいと言われたので

『どうぞ 今後の資料にしてください』 と、すかさず


 レオ先生: ほぉー もう周りの毛もぼうぼうですね。


 番チョー: そーですね 主人が羨ましがってます

       特に頭頂部。 スマイル♪




レオ先生 必死に笑うのをこらえていたようです。

手が震えていました。笑

細胞も、術後の状態も全ての状態が良い結果になったから、こんな冗談が言えたんです

笑える毎日をありがとう。




それでは また今度

術後のクスリはありません!



IMG_1039.jpg
フク兄さん13歳 お元気に吠えてます 笑



関連記事

| 肥満細胞腫 | 10:52 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks

良かったですねー(*´▽`*)
番チョーさんファミリーは、いつもにこにこ笑顔が似合います(*^-^*)
おめでとうございます☆

| まみ | 2015/02/04 18:09 | URL | ≫ EDIT

フクちゃん元気になってよかったね~

| lapuma | 2015/02/04 20:48 | URL | ≫ EDIT

まみ様へ

ありがとうございます。
一安心です。

| 番チョー | 2015/02/13 09:55 | URL | ≫ EDIT

lapuma様へ

ほんと 元気が一番。
ありがとうございます。

| 番チョー | 2015/02/13 09:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT