ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

信心深くはないけれど

これは、主人公パグ犬フクとそれにまつわる物語


ライ君が5月30日に 突然、お空にお散歩に出かけてしまってから

7月18日で49日。

そして、8月は初盆。





2015-07-20-1.jpg 





毎日、寂しくて、悲しくて、辛くて きっと、息をするのも苦しい毎日になるに違いない

と 思っていたら、人間には 逃避 という機能が備わっているのが ありがたい。

逃避といっても 本当に現実から逃げたりするわけではありませんが、

  考えないようにする

  体を動かす

そうやって、じっと考え込まないように心がけました。


もちろん 今でも、涙のタンクは99%

いつでも、号泣の準備はできています。

だけど、ストップさせるのが、白い貴公子フク兄さん

彼の存在があるから、そうならないようです。


私は敬虔な仏教徒でもなく、別段信心深いわけでもありませんが、

ライ君とのつながりを持っていたくて・・・・


お盆には、ドタバタと長い足を絡ませそうに走りながら うちに帰ってくるんじゃないかと

瞼に浮かびます。


フクライに、いつも通りのお食事を用意。

ライ君 お空のご飯の方が美味しい! なんて言わないでね。


これからも、お盆の時や ライ君の誕生日 クリスマス お正月 そういう時には必ず

番チョーめし を用意してあげます。



それではまた今度




2015-08-06-1.jpg 
フク兄さん お休み中♪


 

関連記事

| ライ君 | 12:07 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks

ゆっくりいきましょう、無理せずに(*´ω`*)

| まみ | 2015/08/17 18:51 | URL | ≫ EDIT

まみ様へ

そうですね ゆっくりと。

| 番チョー | 2015/08/22 15:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT