ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その場にその人

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


私に限ってかもしれませんが、

 チワワの ⚪︎ちゃん と、飼い主さん。

 コーギーの ⚪︎ちゃん と、飼い主さん。



飼い主さんだけをスーパーでお見かけしても、全くわからない。

ご挨拶もせずに、すーっと通り抜けようとして、

「フクちゃんのママーっ♪」

と、呼び止められることがしばしば。



私は必ず 

 「 あー すみません。老眼で見えませんでした。」


と、ごまかします。 恥

実際のところ ワンコさんがいないと、誰だかわからないんです。

ワンコさんのことはよく覚えているのに、なぜ飼い主さんのことを覚えられないのか

疑問。



フクは、私の性格に似てしまったのか・・・・

大好きな人なのに、いつも居る場所にいないと わからない。

  トリマーさんは、ペットショップのお店の中 とか

  大好きな仕事先の人は、会社の玄関から来る とか
  (自分がお出迎えしないとは分からないらしい)




変なところが似たものだ。笑




2014-06-09-1.jpg ライ君を探しているのかな・・・・・




ライ君と私は??? 
  何かにつけて、大声でギャーギャー言うこと かな〜

お空のライ君へ 走るときは、ギャーギャー言わない方がいいよ。



それではまた今度


関連記事

| フク+α | 16:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT