ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一人と一匹は・・・

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



朝のゴミ出しをしたら、ゴミ集積所が てんこ盛りのゴミ袋だらけ だった。

いやぁー 今年最初の燃えるゴミの回収日だから、いっぱいだろうなぁ 

と思ったら、それどころじゃないぐらいいっぱいだった。

回収業者さんたちも、大変だろうなぁ。



ところで、うちのゴミ出し担当者は オヤヂ。

その担当者、またもや新年早々 家出しました。

彼は、毎年新年はうちにいません。

まぁー 毎年の事なので、どぉってことないですけど

過去7年間は ライ君もいて一人と二匹だったから、

寂しかった・・・・マヂ寂しかった


反面 お天気は最高だったから、お散歩にザクザク出かけました。


そして、ザクザクいったお散歩帰りには

初洗濯(フク兄さんのシャンプーの事 笑)

去年暮れにトリミングして欲しかったんですが、予約が取れずこの日まで

ヒゲがボーボーのワイルドな白い貴公子でした 笑









そして今は つるりんぴかりん の、気品漂う白い貴公子です。









それではまた今度
オヤヂよ・・・あなたがいなくても、私たちは大丈にょごにょ



関連記事

| フク+α | 09:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT