ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

きれいに食べたいけれど

 これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



お食事の話



IMG_1479.jpg 少しツラそう



フク兄さん もうすぐ16歳

大きな声では言えませんが、歯抜けジジーです (。-_-。)


下の歯は、たったの 2本。

上の歯は、かろうじて 6本ぐらい。



もともと噛み合わせの悪いスカスカの歯でしたから、口ポケットの中で

いろんな食べかすが発酵して いい具合に虫歯菌のお食事になっていたのでしょう。

歯磨きを頑張っていたんですが、限界が・・・・



ボロボロで、歯石だらけで グラグラで抜けるし



歯が無いから、舌がデローンと出っ放し。

そして、食後のおよだ(よだれ)がチョットした洪水。

前提疾患になってから、右にしか舌が動かなくなって

思い通りに食事ができず、食べる量より散らかす量のほうが多いようで

最後は人間の手ですくって食べさせています。


食事内容は、変わらず ただ最近は、具たっぷりスープを

ミキサーでドロドロにして、ポタージュのようにして出しています。

だから、ものすごく消化が良くて、スグにペコリンコ状態です。 笑




歯がなくても、食欲があって 食べる姿もエネルギー満タン。

まだまだ大丈夫 ォ━━(#゚Д゚#)━━!!





それではまた今度

動くフク兄さんは、インスタグラムで  https://www.instagram.com/fukuraifilm/







関連記事

| 老犬介護 | 15:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT