ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱりそうおもう?

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


 IMG_2506.jpg

ふく兄さんとのお散歩コースに スーパー前 があります。
そこには、ずらりと並ぶママチャリ。

いやぁ〜嫌いなもの、苦手なものは必ず何をしていても目につくもので・・・・

買い物を終えて商品を乗せたままで、持ち主不在の自転車に
黒々と光る
一匹のでっかいカラスが サドルに乗っかって、辺りを見回していました 

その自転車のそばを通らないと、向こう側に進めないので私とフク兄さんは
ガー子が怖くて、「早くどこか行かないかなぁ」と
遠巻きに見ていたら
ガー子さん 袋の中を物色し始め、気に入らないものをポイポイと放り投げてしまいました
その間、5分足らず。
その5分前後、駐輪場を何人も行き交い、目と鼻の先にでっかいカラスがいるのに
だーれも気づいていないようでした。
しかも物色しているのに、そばを通る人が全く気づいていない。

どうしよう 追い払おうか??? 

などと思案していると、真横にいる女性がじっと自転車の方を見ているので、話しかけました 

番 「 すごいですよね カラス。(指をさしながら)」

すると女性が 「え?どこに?? どこにカラスがいるの?」

番 「 あそこにいるじゃないですか! 自転車の上 」

あそこあそこと指差して教えても、どこだかわからずその間にも
自転車のそばを通る人が、数人。
そのことを帰宅したオヤヂに話したら

あー それ あんたしか見えてないんじゃね?

ええーΣ(゚д゚|||) やっぱそう? そうなの? 

ということがつい最近あり、ますますカラスが怖くなってしまいました
いや違う意味で、なんか怖い。


それではまた今度

(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!
今日で2017年が終わりだ〜 これが今年最後のブログ?!

皆様、良いお年をお祈りいたします。
来年は もう少しブログをアップする予定。(。-_-。)(。-_-。)




2017年は 人生で一番の散々な一年でした。
自分の病気もあったり 肉親が他界したり。
それでも、生きている間は時間が未来に進んでいく
嫌なことも、悲しいことも 時間とともに過去になっていく
つくづくそう実感した一年でもありました。
自分に残された時間はどのくらいか分かりませんが、
悲しんだり、ひがんだりする時間は もったいない。
なるべく笑って、なるべく楽しく、なるべく落ち着いて
なるべく美味しいものを食べて、なるべく人と話して
” なるべく ” の年にしたいと思っています。

喪中のため お年賀お年始は控えさせていただきます。
年賀状をいただいた方には、大変申し訳ございませんでした。
失礼とは思いますが、ブログで年末のご挨拶させていただきます。

ふくにいさん共々、一年間ありがとうございました

関連記事

| ワンコ以外 | 13:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks

え?え?番チョーさんにしか見えてなかったカラス??
ヒョーッ!!なんだか怖いお話ですね。。。
じゃあカラスが袋を物色しておまけにポイポイする様子は
他の人にはどのように映っていたのでしょう?
そのこともスゴーく気になります。

今年1年も大変お世話になりまして、どうもありがとうございました!
番チョーさんのおっしゃる通り私も”なるべく”な2018年に
したいと思っています。
来年もそら豆ともどもどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

|  2豆の局  | 2017/12/31 14:44 | URL | ≫ EDIT

2豆の局様へ

私にしか見えていないカラス そうだったら、エライコッチャです (恐怖)
なるべく なるべく でいきましょう。

| 番チョー | 2018/01/11 21:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT