FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おとなしくしましょう

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


IMG_2921.jpg
左耳が動かない。顔が左に傾いてます
IMG_2920.jpg

白い貴公子フク兄さん16歳、今年の10月には17歳です。

ここのところ足腰や、お口のトラブル以外はあまり大きなトラブルもなく安心しきっていたから、足元をすくわれた気分です。

年齢的に鈍くなっているのかもしれませんが、もともと我慢強い彼だし、痛がることがなかったのですぐに気がつきませんでした。

数年前に、耳からくる顔面麻痺・前庭疾患になったんですが
もしかしたら、またなるかもしれません。

前回より、早い段階で症状がわかったのと、老犬なので進行が遅く
しかも、毎日ゆっくりのんびりゴロゴロとしているおかげで、本人も痛くて仕方がないとか、
どうしようもないほど気分が悪い、ということはないようです。

それでも、年齢的に何が起こっても仕方がないので、こちらとしてはオタオタすることなく、
普通の状態でいるように努力しています。

もう一つの安心材料としては、食欲120%!ということです。

病院に行くことになったのは、「 なんだか顔が傾いている 」
「 まっすぐ歩かないで、円を描くように歩き出した 」こと
それに耳から、コリャなんじゃ!というような「 デッカい石のような耳垢がでた 」こと。

パグさんなので、耳垢には特に注意していましたが、匂いも汚れも表面的に見えなかったので、
注意を怠ったのかもしれません。

まるで石のような耳垢は、指を突っ込んだ時に何かコツンと当たったので
嫌がる限界までゴリゴリと掻き出したら 出るわ出るわ・・・・
それで、慌てて 今までの彼の行動と今の行動、を書き出して病院に行き、
レントゲンを撮ったら
内耳に膿が溜まってます」と言われ、「あまりよくないです」と付け加えられた時は、
すぐさまあの時の悪夢が蘇ってきて泣きそうになりました。

一度前庭疾患になったら、なりやすいので気をつけてと言われたのに・・・やっぱりきたか。
家に戻り、夕飯を食べさせお薬を飲ませ
その晩一番は、興奮していたのか夜中に起きて大声で鳴きまくっていました。

最近は寝る前に長く鳴き続けるので 疲れるまで、鳴かせています
昨晩は夜中鳴き続け彼が可哀想になって 心配事を聞いてあげられればいいのに
と思うぐらいでした。
(といっても、私は眠くてぐーぐー寝てましたが 笑  このぐらい図太くないとね)

トイレかと思ったけどそうじゃなくて・・・の繰り返しの一晩で
静かになったと思ったら、寝ずに座り込んで落ち着いたので私の寝床に連れて行くと朝までぐっすり眠ってくれました。

朝ごはんは? 朝のトイレは?

昨日のことが嘘のように、サクサク歩いてパクパク食べていつも通り。
そしていつも通り、食後の長いお昼寝に入りました。
相変わらず、顔が傾いて耳に違和感があるようで顔をブルブルと振りますが、
ずっと気にしているようではないので、こちらも刺激しないようにしています。

というのが、昨日からの事で これからの事はまた今度記録として残します。
というか、久しぶりにパソコンを開いてブログを書いていると思ったら、
病気の事で長文。

不精はいけませんね〜┐(´-`)┌


それでは、本当にまた今度
あの石のような耳垢、掻き出した時はパニック状態で、掃除機で吸い取ってしまった○| ̄|_


関連記事

| フク | 14:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT