ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ありがとうがいいたくて

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


今日4月17日は、お空に行ったライくんのお誕生日なのです。

ここにいれば、10歳。 立派な大人の男子です。

きっと、顔の白さが渋く光り 尻尾の先っぽにも渋い白い毛があり、

フク兄さんのようにダンディーな男子になっていたでしょう。

永遠の弟キャラではあるけど 笑


IMG_1706.jpg 


ライくんへ

ここでは10歳、お空では3歳

もう少しそちらで楽しく過ごすのでしょうか?

ライくんの好きな時に、戻ってきてくれていいんだけど、夢にも出てきてくれると嬉しいです。

それからライくん。車の中から、木の枝が出てきたよ。ライくんのお散歩のお供だと思う。

全然枯れていなくて、びっくりしたよ。

ライくんはそちらでも何か咥えてお散歩しているのかな?

それと ライ毛(ライくんの体毛)も時々出てくるんだよ。

ライくんのお家をそのままにしてあるから、その周辺から時々ね。

そんな時は、番チョーさんの目から雨が降ってきて大変なんだよ。

家の中でも、あそこにいるかな? ここにいるかな? って、

ライくんの黒い丸いお目目を探したりしてます。

だけど毎日ずっとじゃないから、心配しないでね。

番チョーさんのお散歩の時には、いつもライくんとお散歩している気がするよ。

フク兄さんは、もう長いお散歩できないから、ライくんと二人で一緒だね。

そのとき、ライくんの一生懸命歩いてる姿が、本当に見えているんだよ。

可愛いライくん ライくんの大好きなパンケーキ焼いたよ。

おやぢさんが一生懸命焼いたよ。

幼稚園でおやぢのパンケーキ みんなに自慢していたよね。先生がそう言ってたよ。

お空でもみんなにおすそ分けしてね。

最後に、番チョーさんはライくんのおかげで元気だよ。

去年の今日ありがとね。

ライくんのお誕生日の日に、手術をしてライくんが見守ってくれていたの知っているから。


IMG_3244.jpg 


ありがとうね。  それではまた今度



関連記事

| ライ君+α | 23:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT