FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

じゅうなな歳

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


驚いた スポンサーサイトが出るぐらい ブログ開いてませんでした。

とーっくに過ぎましたが、10月12日は 白い貴公子フク兄さんの 17歳の誕生日でした。
勿論! ごーせーに大喜びしました! 心の中で

まずは、いろいろなお礼から。
いつも応援してくれている人達から、お祝いの言葉をいただき 感謝感激です。
見守られているなぁ〜 というあったかい気持ちになりました。

そして、フク兄さんに いっぱい病気して、心配ばっかりしたけど、一緒に17歳のお誕生日を迎えられて、ありがとう。

最後にオヤヂへ 私も病気したり、大変でしたが たくさんの協力をありがとう。

さて、生まれて初めてワンコと住むことになり、かれこれ17年 初めてのことばかりで戸惑った17年  最近は、過去ばかり振り返っています。

それは、フク兄さんの明日が短くなってきていると実感しているからです。
悲観しているわけではなく、現実を見つめているだけです。
今までも今からも。
老犬介護は、生まれて初めての経験なので、「楽しい!」という気分ではなく、驚きの連続で 「毎日宿題」 な気分。
子犬を育てるのとは大違いで、報われる気分はほとんどない というのが事実です。

14歳ぐらいの時に、身体中に10個ほど肥満細胞腫を見つけて ああーライ君に続いて、すぐにお空に行きそうだ と 思ったけど、積極的な治療はもう何もしません というのが私たち夫婦の結論で、ドクターにもその旨を伝え、様子を見てもらっています。
今年に入ってから、体重が減り  3月には足腰が立たなくなり、今は自力で体を支えることができず、ひっくり返ってしまって鳴き叫ぶ・・・・
そういう順番で老化が進み、お誕生日前日まで17歳の誕生日は迎えられないと思っていました。

今は何を訴えているのか、1日の大半を 大きな声で鳴き叫び 夜もほぼ鳴き叫び、3時ごろやっと寝始め 6時にトイレを訴えて、また鳴き始める そういう状態。
始めの頃は、何に鳴いているのか すぐに駆けつけて、色々と試行錯誤をしていましたが、何をしても鳴き止まず・・・・
鳴き叫んで疲れたら、眠ってくれるからと 薬で無理やり眠らせることは考えませんでした。
誕生日が過ぎ、ほとんど寝ずに鳴き叫ぶ状態が何日も続いているので、これは 眠ってもらうようにしよう  と、睡眠のための薬を処方してもらいました がっ! 強靭なフク兄さんには、全く効果がないようです  笑
なんとなく嬉しいやら、困ったやら。(*´_ゝ`)

「泣いたら泣いたでかわいそうだし、静かだと心配だし・・・・ オヤヂ談」

ヤングな時には全く考えたことがなかったですが、静かだと不安になります  笑(老犬あるある) という睡眠欲求が24時間体制の毎日を過ごしています。○| ̄|_



それではまた今度
今は、床ずれが心配。

  
関連記事

| フク | 14:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks

フクちゃん、17歳おめでとうございました。

ブログが更新されないので、心配していました。
番チョーさんも大丈夫ですか?お大事に。

| lapuma | 2018/11/02 01:06 | URL | ≫ EDIT

lapuma様へ

いつもありがとうございます。飼い主もわんこも、介護が必要 泣

| 番チョー | 2018/11/08 13:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT