FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

みくびっていたようです

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

もう何ヶ月も放置しっぱなしです。
どうしても50肩が両肩になってからというもの、体はボロボロそして、肩痛で眠れず頭がはたらかず。
マヂ大げさでなく、息をすることしかできない生活が続いていました。
これ全くフクのことは関係なく です。大泣
そんなことなので、包丁を持つ力もなく、料理など全くできず ほぼどこかのお弁当 と、マンプク印のあのラーメンばかり食べています。
やっとブログを書こうと思ったのは、すこし腕が動くようになったからです。

フク兄さんの様子は、真夜中のリサイタルでお歌の練習や運動を兼ねているようです。
食欲も、排便排尿もお変わりなく 元気にしてくれています。
ただ、寝たきりになってしまい 動いていた両腕(前脚)もほとんど動かなくなり、抱っこするとグニャングニャンです。
昨日と同じ今日はなく、良くなっていることはありません。

これからが本題です。

この状態を見聞きしている人たちは、想像で 

  「私がフクのことを完全介護している」「私が夜も大変なんだろう」

そう思っているようで、ここで強く主張しておきます。

全てあのオヤヂがやっています。

あの 何もしないオヤヂが 必要に迫られてですが、全部やっているんです!!!!!
だから、オヤヂのことを褒めてやってください、と声を大にして言いたい。

オヤヂをみくびっていた (悪口じゃない)


それではまた今度
オヤヂありがとう まだまだ、もよろしくお願いします。(」*´∇`)」




関連記事

| フクのオヤヂ | 17:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT