FC2ブログ

ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

終わり良ければすべて良しになり損ねた一年

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



IMG_6743.jpgIMG_6742.jpg


2019年7月19日主人公の白い貴公子フク兄さんは、17歳9ヶ月で仙人犬になり、お空の仕事をもりもりこなしているようです。

本年最後の今日(12月31日)こんな記事を書こうなんて思いもよりませんでしたが、自分過去史上結構おもしろランキングに入るので、記録として残しておきます。

去年の今頃は、フク兄さんのリサイタルがハードロッカー並みに激しくて、激ヤセが止まらず毎日心配だったり、私の体が激イタでのたうちまわる毎日だったり。
その中でオヤヂが一人一生懸命で・・・泣 
それで、ほとんど毎日掃除することもできず、炊事もできず で恐ろしく汚い状態で年を越すことになりましたが
今年は、頑張って 普通の掃除 をして年越しを迎えることができました 恥

さて本題 上の二枚の写真です。 これは、実際の千円札です。

29日 普通の掃除をしたら、出てきました。 大恥
過去何年も、見ることがなかった所にふと目が留まってしまい、覗いてみたらお金らしきものがあり、取り出したら、ボロッボロの紙幣です。
心の中では ウッキウキ、イエェ〜イ の気分です。お金が出てきたんですから〜 嬉

30日まで銀行は営業しているとのことなので、普通の紙幣と交換してもらいお年玉の一部として使おうと思っていました。
そして、30日に銀行へGO
実はATM以外に銀行窓口に行くのはうん十年ぶりで、オヤヂに同行してもらいました。(そこは、オヤヂの口座だけなので)
うろうろしていると、声をかけられ、ボロボロの紙幣を見せて交換お願いしますと言うと、新札でなければすぐにできますよというので、そのつもりで番号札を取り待っていました。

窓口で 鑑定 と言う言葉を聞き、なんの事だろうと思ってじっくり聞いてみると、鑑定が必要だと言われ すぐに交換できるものと信じていた私は、鑑定もすぐにできるんだろうと思い、少し待たされましたが、お金を見つけてウッキウキの私は 

鑑定 すっかりスッキリ鑑定して、早く私の手元に戻っておいで と、脳内では素敵なお歌が♪状態

その結果
今すぐに交換できません。
鑑定の部門にだして、本物であれば来年にお振込みいたします。 
そう言われました。(なんてこと!本物であれば!!!!ってどういうことよ!)
ボロボロで触っただけでちぎれそうだったので、全額の交換はできない可能性があると言われ
私の想像する結末とは全く違い、だんだん事が大きくなり、ちょー驚いて、とても残念な気分で30日を終えました。

まぁ、関係ないかもしれませんが、2週間前にいつも行くお寺で今年最後のおみくじを
なんとなく引いたら、生まれて初めて    ってーのを引いてしまい、
もー気分はどん底で今年の最後を締めくくるのか これ以上何があるの〜 なんて思ってーたら、銀行での出来事でした。

これなの?!これがその凶なの?!
来年はすっかり丸く収まって、素敵な一年になりますように と願うばかりです。


それではまた今度  皆様素敵な一年を♪

   
関連記事

| 未分類 | 19:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

| PAGE-SELECT | NEXT