ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガビガビとべっとり

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語




いやぁー 何度も書きますが、2600kmの車の旅 かなりヘビーです。

これから少々、旅の話が続く予定です。


今回の旅

「人間だけならどうにかこうにか」 なんですが、物言わぬワンコさん達が一緒なので、心配もひとしおでした。


千葉県松戸市から大分県別府市まで 時間では36時間かかりました。

途中 ワンコさんのお散歩したり、お食事させたり、トイレ休憩を取ったり・・・・

寒さ対策とか、お食事とか 寝床とか 改善点はいっぱいですね。

IMG_4235.jpg 
行きの車中で、お疲れ気味のフク兄さん


なに
疲れなど全くない元気なライ君



ところで、東から西の旅 一言で言うと 「 寒かった~ 」 です。

九州へ行くのだから、温かいと思うでしょ?ところが・・・・

途中、凍死するかと思いましたよ。マヂ寒かった 車内が。

で、車内の温度をどんどん上げるんですよ。

そうすると・・・・・・ 喉が渇くんですね。

喉だけじゃなくて



 オヤヂ: すげー 番チョー すげー

 番: 何が? どうしたの? 何が凄いの???

 オヤヂ: あはは すげー 番チョーの顔、ミイラみたい。



鏡を見てびっくりしました。

私が 私の顔が~!!! まるで80歳のおばあちゃんみたいな・・・ そんなシワシワ。

おでこには、くっきりと横線の皺。

乾燥とは 女性の大敵ですよ。 まだヤングだからと、笑っていられませんよ そこのyou!! 

で、横を向くとオヤヂが・・・・



 番: お おやぢ・・・・ オヤヂも凄いよ。

 オヤヂ: なに?

 番: オヤヂは、ネットリしてる。



オヤヂは、男性特有のオイリー肌のオイリー頭 お海苔がべっとりついたように髪の毛が張り付いています。

そして、顔のつやが ひときわピッカリ♪


このときばかりは、オヤヂが羨ましかった。

そして、私は家に戻ってすぐに何をしたかというと。

顔を洗い 化粧水をバケツいっぱいほどたっぷりと顔に叩き込む。

そのお陰か、やっとおでこの皺も 薄れてきたのでした。 ほっ(-_-;) 今は60歳ぐらいの肌



家に戻ったフクはというと  帰路の車中から、今まで

ピクリとも動かず、死んだように眠っています。(食事以外は)


黒パグ弾丸ライ君は、何も無かったかのように 元気いっぱい。

今も走り回っています ああ・・・・┐(-。-;)┌



 

本日もありがとうございました
明日も旅の話続く・・・・

関連記事

| わんと旅 | 10:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT