ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワイルドになった

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語



うちは、私を除く男系家族。

だけど、一番野性的なのは、ワタクシ番チョーでございます。


 野に栄える草木は 食べられるか食べられないか、で判断し

 街に出れば、お食事どころはどこか嗅覚で探し


そんなワイルド番チョーは、本日オヤヂに惚れ直し・・・・・

リアルについさっきのお話です。



番: お?! アイスコーヒー ストローいらないの?

   氷が小さいし、飲みにくいかもよ。



オヤヂ: ストロー? そんなモンいらねー。

     氷?! 大丈夫だろ。



と、氷がたっぷり入った冷たいアイスコーヒーを、がぶ飲み体勢に・・・



番: あ!


オヤヂ: ううぇぇ~。



ワイルドにストローがいらないと言ったオヤヂ、

ワイルドすぎるほど、顎の下にアイスコーヒーを垂れ流しました。

まるで、志村ケンさんのように。(お約束だな)



オヤヂ: やっぱ ストローは必須だな。

     ストローがないときは、俺飲まないことにする。






仕事のあいまに、お昼のランチに行ったパスタやさんでの事件でした。



オヤヂ: うぇーん・・・ 

      おれ、お着替えにお家に帰る ぐすん





本日もありがとうございました

惚れ直したか? ご想像にお任せします。
関連記事

| フクのオヤヂ | 14:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT