ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

行き時が分かりません

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語
病気の記録でもありますので、長いです。


あんなに元気に九州から戻ったばかりなのに、

白い貴公子フク8歳が、突然元気なく歩くのもままならなくなって

フクも私も何をどうしていいか分からない状態になってしまいました。

我慢強い男らしいフクと違って、だいたい私は大げさヤローなので、少しの変化にもオタオタするんです。

なので フクの様子をじっくり観察して・・・・・


で 一番気にかかったことが、病院への行き時 なんです。


今までは、さっき下痢をしたから 目をこすったから キャンと言ったからと、すぐに病院へ駆け込んでいたんですが

ドクターから、少し様子を見てください と言われ帰されたことがほとんどなんです。



今回は、あまりにも痛そうにしているから、動かすのが可哀相なのもあったので、フクのどの状態で病院に行くべきか
 
飼い主の先輩の一人(有名人なのでお名前伏せます) に電話相談し、客観的な立場でどう思うか聞いてもらいました

すると  「 今のフクの状態は、病院へすぐに行くべき 」 と言われて、大慌てで近くの病院へ!


その時の状態は  (様子が変になってから二日目)



  歩くのがよちよち 少しの段差も上りたくないような感じ

  食欲はあるものの 食べるスピードがぐっと落ちている

  触れてもいないのに、触れそうな近距離になると きゃん と鳴いてしまう

  首をぶるんと振りたいのに、振れない

  仁王立ちのまま、じっとして動かない

  なかなか横になれない、横になったら動きたくない

  なにもない空に向かってぺろぺろしている

  目がうつろ

  トイレで、足はあがる

  首は上にも左にも右にもゆっくりだが動く

  びっこになることはない




このときは、こういう感じだったんです。

これだけの症状を聞いたりすると、だいたいは 背骨や首・股関節 を想像するようで、

病院では背骨・腰・首中心にレントゲンを撮りました。



結果は 触診、レントゲン撮影で 今のところは問題なし、の診断で

  軽い鎮痛剤を3日ほど飲めばいいでしょう 

  鎮痛剤も、今以上痛がるようじゃないなら飲ませないでいいです。

  痛みが治まったようだったら3日後も、再来院は必要ありませんよ


と言うことなので、夕飯時に鎮痛剤を飲ませたんですが 痛みは治まらず、

寝るのも寝付けない状態でほぼ一晩中うろうろ徘徊していました。


チョー長いので興味のある方は、続きをお読み下さい。



本日もありがとうございました



翌朝 (様子が変になって3日目)


動きは前日よりは少しましだけど、相変わらずじっとしたらしたまま動きたくない感じで

食事以外ほとんどケージから出てこなくなり、排泄も一日一回。

動きは昨日よりいいかな と思った瞬間強烈な驚き。


右顔面が、垂れていました。


じっくり観察すると、右だけ瞬きせず 耳も全く動かず 食事の時は、左の口しか動いていない。

あきらかに、前日とは違う症状で ライ君が右耳あたりを軽く触ったら、異常な鳴き声。


そんな前日とは違う状況にまた動揺して、飼い主の先輩の一人(有名人なのでお名前伏せます)にまたもや電話してしまいました。

この先輩のワンコさんは 耳が悪く顔面がマヒしたのをほぼ克服しているので、色々なことを教えてくれたんです。

で、先輩のかかりつけのドクターに連絡をしてもらい、診てもらうことにしました。

脳かもしれない 耳かもしれない・・・・ そういう感じで触診検査。

耳から大量の膿。 沢山のばい菌。

膿をキレイに除去し、洗浄してお薬を点耳(神業的にスーパーウルトラ処置が上手)。

週2回 洗浄に通うことになりました。



病名は 軽度末梢神経前庭疾患(だったと思う) 簡単に言うと、中耳炎みたいなもの

なんだか簡単に治りそうな感じ と思ったんですが・・・・


 ドクター: 根治は難しいです。 顔面麻痺においては、治らない可能性が高い。



顔面マヒなんて 私がみて少し分かるぐらいで、普通の人はきっと分からないぐらいだし

「 痛みがなくなれば十分です 」 と私は言い切りました。


で 洗浄直後から フクもスッキリしたのか

当然顔面マヒはあるモノの凄く元気になり、自分で歩く気満々で病院を去ったのでした。


お薬は 抗生物質 顔面マヒ用の神経に効果のあるサプリメント 点耳薬 点眼薬(目を閉じないので)


最後に自分へ 

「 観察怠るべからず 」 逐一書きましょう。
関連記事

| 病気 | 15:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT