ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

よだんゆるさず

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


白い貴公子フク兄さん8歳 ただいま病気と闘っております。
詳しくは、カテゴリー「病気」をご覧下さい。


昨日の診断で、「脳」への疑いが出て一晩あけ 


眠れぬ朝を迎えました。

私はほぼ一睡も出来ず。

フクは うろうろ よろよろ どたっ。

何度も腰が抜けて、倒れ込み 本人もどうしたらいいのか分からない状態だったようです。


自力の排便排尿ですが、とても危なっかしく 見ているのが辛いくらいです。

食事は ご飯LOVE♪ なので、一気食い。コレは嬉しい。


なので これからますます悲惨なブログになること必至です。


ということで、コメント欄は全て閉じます。

メールなどございましたら こちらからお願いいたします。

もしくは、右サイド下の方、番チョープロフィールの所からお願いします。




本日もありがとうございました
関連記事

| 病気 | 09:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT