ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冷静とパニックの間に

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語


白い貴公子フク兄さん8歳  右顔面麻痺になって早一ヶ月。

現在 下半身にも麻痺が出てきました。


それでも元気にご飯を食い散らかし おやつも催促してくれます。

嬉しい限りです。

自力で一生懸命排泄。

 「 生 」 を実感しています。





アロマセラピストの友人が 一泊して、色んな香りをフクと私に調合してくれました。

(凄く御近所なのに、オヤヂが出張で不在なので、心配して一泊してくれました。 感謝感激です)



フクには 興奮させてはいけないので そういう香り。
 
(カモミールは舐めたいぐらい大好きなので、それがメインみたい)


面白いのが この香りはどう? と、ちょっと離して目の前に持って行くと

気に入った香りには、ぐんぐん近づいていき

気に入らない香りには、顔を突っ伏して 「いやだ」 を表現してくれます。笑



前夜 うろうろとして、よろよろとして、ばたんと倒れて・・・・ 

それを何度も繰り返して眠れなかったせいか 翌日は、やけに興奮した一日だったのですが、

アロマオイルを調合しはじめたら 5分が10分 10分が30分 

少しずつ 眠りにつく時間が長くなってきました。


でも いい加減なモノで、熟睡時間が長くなると それはそれで、不安なんです。苦笑

呼吸してるのかな? なんて、何度も聞き耳たてたり。



夜は、オヤヂがいなくても ゆっくりと眠ってくれたようです。

友人が来てくれて、私が安心していることもあるだろうし

アロマの効果もあるだろうし

眠くて仕方なかった究極もあるだろうし


そんなこと以外のモノかもしれないけど(病気が原因かも?)、発作が起きず ゆっくりとしてくれることが

みーんなのストレスを 一時的にでも緩和してくれたようです。




IMG_5515.jpg 
アロマオイルの香りを感じて ゆっくり眠ってます



パニック続きで ぐだぐだの私だけど、「 冷静でいなくては、観察しなくては 」と、

平常心でいられた そんな一日でした。


励ましてくれるメールに感謝

心配でお電話してくれて感謝

私達を支えてくれるみんなに感謝



本日もありがとうございました

ライ君は、幼稚園で元気元気♪

IMG_5516.jpg 
フク兄さん ・・・・・・
関連記事

| 病気 | 10:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT