ため息つかせろ

パグ犬フクとそれにまつわる物語

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

のぼりにくだり

これは、主人公パグ犬フクと、それにまつわる物語

白い貴公子フク兄さん8歳は、右顔面麻痺と足の軽い麻痺で奮闘中
詳しくはカテゴリー「病気」をご覧下さい。


6月の一ヶ月間の闘病生活は、暑さも重なり、かなり体力がダウンしているようです。


7月に入ってからは雨降り以外ほぼ毎日、朝15分ほど 白い貴公子フク兄さんは、お散歩でリハビリです。

御近所は、住宅街なのでコンクリートだらけ 歩いて5分の所に、小さな「うぐいす公園」があります。

そこで、クンクンパトロールをして、家に戻る。

全行程15分。 



頑張って、歩いてます ^^


たったの15分ですが、うちの周りは坂道が多く 後ろ足にちょっぴり麻痺のあるフクには、

結構な負担です。

リハビリをはじめた頃(2週間前)は 3m程歩き出してすぐに、グラッと腰が崩れ落ちました。

だっこして、家に戻ったりして・・・・ 遠い目



それでも行きは下り坂、結構頑張って歩いているのです。

ライ君に負けられない! ってね。




まけん



で、公園でひとしきり色んな香りを堪能して・・・・

5mダーッシュ♪

そして、帰路につきます。

ダッシュするのは良いんですけど、帰りは登りでしっぽがダラリンコ 力尽きてきている感が否めません 笑



きゅうけい 
休憩したいくせに、そんな素振りを見せまいとするフク兄さん。
わざと、遠いところを見ている振りをするんです。 賢い^^



番: フク がんばれ~♪ かっこいいねぇ~

   ゆっくり歩こうねぇ~ ゆっくりだよ。


私は毎朝フクの応援団として、一緒に歩きます。



いいしごと 
力一杯仕事を成し遂げたいい男の顔 フク




少しずつ 後ろ足の麻痺は軽くなってきているようです。

下り坂は後ろ足に負担がかかるようですが、ちょっとずつ力強くなってきています。

毎日短い時間だけど、リハビリ。

ライ君には、ちっとも楽しくないお散歩だけど、お付き合いしてもらいます。




あ 
早くご飯を食べたいのか 勢い余って家にいちもくさん。フク




こりゃ 
オヤヂに怒られて、さっさと逃げるフク。
ライ君は、一部始終を見て、ニヤニヤ。




本日もありがとうございました

ライ君いつもありがとう。
関連記事

| フク+α | 13:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT very thanks















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT